YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

人が本来あるべき姿

人が本来あるべき姿

こんばんは(*^_^*)

今日は風が強かったですね~(・・)ノ

さて、
今日のお題は【持っている】です♪

昨日の続きといいますか
鴨頭さんの講演を聴いて
私が感じてたことと似てるな~って
感じた部分について書きたいと思います。

それは、鴨頭さんが↓
こうおっしゃっていたんです♪

『“人は生まれた時は未熟”だと思っていたけど、逆だった』と。

私自身も、
むか~し何かの本で読んだ言葉を真に受けて
教訓にして生きていました。

その言葉とは、
『私たちは生まれた時は何も持っていない欠けた存在で、人生はその足りないものを手に入れていくためにある』と。

ですが、
この教訓に違和感を感じるようになったんです。

もしかして、
私たちは既に生まれながらにして全てを持っているんじゃないのかな?って…。

そして、
本来のあるべき姿に還ることなのかもしれないなって

そういえば
最近よく“還る”ってフレーズも耳にしますが
じゃあ、あるべき姿って
どんなイメージなんだろう?

これは、
『自分を大事にしてる?』っていうメッセージなんだと私は思うのです!

『自分を大事にするよりも自分を痛めつけていませんか?』
『自分って素晴らしい存在なのに、そう想えてますか?』
『何にも持ってないと思い込んでいませんか?』

私は以前、
自分を向上させるにはダメな所、至らない所、
持ってない所について自分を責め、頑張らないといけない!

理想は高ければ高いほど良く、
その頑張りこそが美徳だ!って思い込んでました(^o^;)

これだと、
フォーカスが“ない”所に向いているので、
1つクリアしても喜ぶどころか、
『まだまだ~!』って次の“ない”所を探して
自己嫌悪しながら本心じゃないことも我慢して進み、
自分の気持ちに嘘をついているので、
ダブルで苦しゅうございました(^人^)笑

それよりも、
今の自分の状態を受け入れて、
スタートラインにしたら、
ほんの少しの変化や向上にも喜びや感謝の気持ちが湧いてきて
その道のり…プロセスさえも楽しい(o^o^o)

そして、
昨日書いた自己承認と、
怠けることは別物だということに気づきました!

“ありのままで~”って言葉が流行ってますが、
自己承認が出来てくれば、
失敗しても自分自身を否定はしないから、
『ありのままで何にもしなくて』じゃなく、
無意味なブレーキとは
無縁になれるんだな~って感覚を掴みはじめてきました(*^^*)

誰でも赤ちゃんだった頃があります。

誰にも可愛がられない赤ちゃんがいるでしょうか?

いません。

赤ちゃんは、
いるだけで周りを和ませ、可愛がられています。

元々、
可愛がられている存在として生まれてきたんですもの!

『人が本来あるべき姿』って自分自身が自分を大切に想い、
可愛がり、そして周りの人から大切に想われ、
可愛がられている姿だと思います。

私は今日
また新たな自分の課題というか
思い込みに気づきました。

気づいてラッキー!はい!(^^)!

スタートラインです

ありがたいな(⌒~⌒)

本日もお読みくださり有難うございました!

[cta id="1921" vid="0"]

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)