YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

女の競争

女の競争

こんばんは(*^^*)“自立したい女性”を応援するコーチ”本田裕子です。

今日のお題は【女の競争】です♪

女の競争って、何の競争かしら?って思われた方も、いらっしゃるかもしれませんが・・

“幸せの見せつけあい”のような格付!?私の方が幸せよ~みたいなものって、ホント要らない!って最近、私は強く感じています。

どんなに他人から羨ましがられたとしても、自分が満足できない限り、幸せとは言えません。

本当の“幸せ”は、目に見えません。

“幸せ”は、心で感じるもの。

無駄な比較競争に巻き込まれないために大切なことは、①まわりの評価を得ようとしないで、“自分基準”に選択する②目に見えることで、“幸せ”を判断しない自分になる③自分を知ること(何を大切に生きるか、客観的に自分を見る視点)

~~~~~~~~~~~~~~

↑を少し詳しく書き出してみると

①’→仕事やライフスタイル、恋人、パートナーや夫を考えるときの基準を自分軸にする。

自分軸だからこそ、まわりからの『ステキ』とか『あの男性はいい』etcの世間体も必要としないのです。

②’→どう見ても『自慢?』っていうように見せつけてくる(または見える)相手に、反応しない。

それがその人の“幸せ”と捉えず、自分と比較しない。

更にいうと、女の負けん気で勝負に出たくなっても(20歳前後の時の私ペンギン笑)逆に自分の品位を下げるだけになるので、スルーしましょキラキラ

③’→自分の価値観(何を大切に生きるか、どう在りたいか)を大切にする。

自分の中で今、何が起きているのか気づく視点を持つ(客観的に自分を見る)そうすることで、行き詰まってしまったときに、自分が何をしているか気づけるようになる。

行き詰まる事は、誰にでもあることなので、それを無くしたり、避けようとするのではなく、そこからどう対処するかという視点。

そして、まわりからのヤッカミや嫉妬等で、もしお友達やご近所の人に後ろ指をさされたとしても、それはご近所という世界の出来事で、自分の生きる世界はもっと広いんだって意識することが大切なのですひらめき電球

私が、いろんな経験から学んだことは、『自分が、いかにちっぽけな人間か』っていうことでしたペンギン(^^)

目先の小さな事に囚われて、小さく生きるなんて勿体ない!世界は広いのだ~(⌒~⌒)

本日もお読みくださりありがとうございました!

[cta id="1921" vid="0"]

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)