YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

赦し

赦し

こんばんは(*^^*)“自立したい女性”を応援するコーチ”本田裕子です。

今日のお題は【赦し】です♪

私事ですが、今日は昼ごろ少し空き時間があったので、久しぶりに本屋さんに入りました。

以前だと何とも思わなかった(思わなかったであろう)ことが、今は違和感を感じてる自分を発見したりと、面白いな~って思いましたペンギン

今日の私が、何に違和感を感じたのかというと、『赦し(ゆるし)』っていう言葉に耳何だか違和感を感じたのです目(・・)ノ

具体的にいうと、あるセラピストさんが書かれていた本本をパラパラと立ち読みしてて、

↓★『自分を苦しめた相手を赦しましょう』★『親を赦しましょう』★『恨みの感情を持っていると、あなたは幸せになれません。憎い人を赦すのは、素晴らしいことです』↑etc..の言葉に違和感を感じました。

『赦し』とか『赦す』って言葉は美しいですし、素晴らしい概念のはずなのに・・。

なぜ私は違和感を感じるのか?

それは、誰かを赦さなくちゃ!って、義務感になって本当はまだ心の中で、誰かに怒りを感じていたとしても、『相手を赦すしかない』って頭で納得させようとして、怒りが残ってない事にするところです。

頭では相手を赦したつもりでも、その怒りを感じる自分に許可できなくなって、責めてしまい余計に苦しくなる。

だったら、無理して赦さなくてもいいんじゃないかな~って思います。

『赦しましょう!』じゃなくて、『赦せなくてもいいし、赦せない自分でもいいのだ』の方が、自分を責めなくていいと私は思うのです。

またまた私事ですが、私は先ほどまで久しぶりにレイトショーで映画を観に行ってました映画

観た映画は『シンデレラ』

attachment00.jpg

感動しましたキラキラ

最後に、シンデレラが『私は、あなたを赦します』って言う台詞があって…目

シンデレラは、『赦さなくちゃ!』って気持ちじゃないんです♪私は個人的に今日のブログを『赦し』について書きたいと思ってたのでペンギン響きました☆彡

あと、『優しさ』と『勇気』も凄く響きましたキラキラ私自身、有難いことに憎い人っていませんが、もし、あなたが誰か憎い人がいたとしても、赦さなくてもいいし、赦せない自分を責める必要はない。

そんなことを感じた今日の私でしたペンギン(*^^*)

本日もお読みくださり、ありがとうございました!

[cta id="1921" vid="0"]

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)