YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

見方

見方

こんばんは(*^^*)“自立したい女性”を応援するコーチ”本田裕子です。

本日の東京は、いいお天気で日中は暑いくらいでした晴れ(*^^*)

私は、先ほど久々に30分くらい歩いて帰ってきたのですが走る人夜風が気持ち良かったです(o^o^o)キラキラ

今日のお題は【見方】です♪

私たちは、友達からの相談だと親身になってあげられるし、その人のことをちゃんと見て目話を聴いたり、アドバイスを言えたりします。

ですが、自分のこととなると、どうしても自分に対して厳しくなってしまったり、『こうじゃなきゃ』的な観念に、がんじがらめになって、問題を複雑化しやすかったりします。

それに、私たちは自分のことを一番、分かっていません。

そこでオススメなのが、自分が問題だと感じてることも『友達から相談されたら?』って仮定することです。

『もし、友達が同じこてで悩んでいたら何て答えるか?』っていう問いかけは、意外なほどに視点を変えたり、新たな視点が得られます目

例えば、『もし、友達からの相談だったら、そんな人、早く縁を切っちゃいなよ~!って言うと思うんだけど、いざ自分のこととなると・・』みたいなケースです。

そういう時もまた、更に友達だったら・・を続けてみましょう。

『もし、あなたが、そんな人とは縁を切っちゃいなよ~!って勧めたのに、友達が、でも、そうは言っても・・って答えたら何て言う?』っていう風に続けるのです耳

★もっと自分のことを大事にしなよ。★相手は、あなたに依存してるだけだよ。★それは自己犠牲になってて、自分の気持ちを大切にしていないよ。★まずは自分の幸せを考えてほしいな。★そんなに自分をいじめないでほしいな。↑etc..

さて、↑これらは誰へのメッセージなのでしょう?そう、自分自身ですよね。

こうして『友達だったら』っていう条件を介することで、自分の本音に気づけたり、何に注目したらいいのか?どこが問題なのか?これからどうしたらいいのか?等が見えてきます(・∀・)ノキラキラ

本日もお読みくださりありがとうございました!

[cta id="1921" vid="0"]

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)