YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

どこからきたの?

どこからきたの?

こんばんは(*^^*)“自立したい女性”を応援するコーチ”本田裕子です。

attachment00.jpg

今日のお題は【どこからきたの?】です♪

今日は(今日もかな)私が個人的に感じていることを正直に書きたいと思います。

ちょっと乱暴かもしれませんが、でもどうしても書いてみたくなりました。

昨日の記事で私は、「世間一般の価値観を捨てて、自分の価値観を育てることの方が大切」と、書きましたメモ

この価値観の刷り込みについて。

私たちは普段、自分なりの“ものさし(価値観)”で無意識に取捨選択したり、ジャッジしたりしています。

ところで、この“ものさし(価値観)”って、どこからきたの?本当に自分のものですか?目

例えば、適齢期って何ですか?勝ち組って何が基準ですか?親や先生の言うことを聞くことが正しいの?友達は多い方がいいって誰が決めたんですか?良妻賢母がなぜいいんですか?忍耐・我慢強いのがいいってなぜですか?

「逃げちゃダメ!最後までやり遂げることが大事」って、誰が決めたんですか?

「料理ができない女性はダメ」って、何かができないと人は価値がないのですか?

「安定した職業の高学歴な男性がいいの」安定した職業とは何ですか?頑固は悪いことですか?普通って何ですか?

「一流大学を出て、一流会社に勤め、早めにセミリタイアしてセカンドライフをエンジョイして羨ましいわ~」←で、これは何が羨ましいんでしょうか?↑って、思ったとですペンギン

私たちは、いつの間にか親や身近な人、そしてマスコミなど他人の価値観を自分の価値観だと思い込み(洗脳され)無意識のうちに、あたかも「これが自分の考えです」って、あらゆる人や物を取捨選択したり、ジャッジしています。

これがね、自分のものじゃないっていうことに、気づいてもいないし、疑うことさえしてないんです。

そして、この他人の“ものさし(価値観)”が、私たちの生きていく上で、無駄な苦しみの要因になっている気がします。

更にいうと、他人だけじゃなくて、その他人の“ものさし(価値観)”で自分のことも判断してるもんだから、いつまでたっても「自分はこれでいい」って思える自分を感じられません。

「あれ?ヾ(゜0゜*)ノ? どうして自分の“ものさし”のハズなのに、私は当てはまらないの?」って、自分を認められなくて、終いには自分を否定して傷つけちゃう。。

本当の自分(ハート)は、受け入れたいし、愛したいのに、どうしたらいいか分かんない。

なぜなら、それが自分の“ものさし”じゃないって気づいてないから。。

“ものさし(価値観)”を持つことは大切だと思います。

ただ、重要なのは【自分の価値観】です。

そして、1人1人みんな、違う価値観を持って、「わぁ~キラキラその価値観って面白い!」「なるほど~キラキラ私とは違うけど素敵な価値観!」「わぁ~キラキラその価値観、痺れるドキドキ」↑って、お互いを認識して、受け入れて楽しめばいいと思います。

中には多大な影響を受けて、新しい価値観で視野が広がることだってあるキラキラ

そしたらね、価値観によって他人や自分を否定したりせず、お互いの相違点が「面白い個性」となって、調和して輝きだすんじゃないかなって思いました。

私自身、まだ無意識のうちに刷り込んできた価値観があると思います。

だから、「どこからきたの?」って、自分の価値観を疑ってみることを意識しています。

何のために?それは、「自分」を生きるために・・です(*^_^*)自分を見つめ直し、本当の自分(ハート)に耳を傾けると、凄くあったかい感覚を感じますドキドキ

本日もお読みくださり、ありがとうございました!

[cta id="1921" vid="0"]

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)