YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

ひとり相撲

ひとり相撲

おはようございます(*^^*)

“自立したい女性を応援するコーチ”本田裕子です。

今日のお題は【ひとり相撲】です♪

 
{5BD41849-3039-4922-9A5E-DC6BAB465BC2:01}
私は、よく思い込み(ビリーフ)に関する記事を書くので、その影響なのか常日頃から思い込み(ビリーフ)について考える事も多いように思います。

「どのようにしたら人は、不要な自己否定の思い込みに気づき&簡単に解放して、自己受容→自己肯定のプロセスをスムーズに進むのか?」
↑みたいなことを、様々な角度からよく考えています。
(好きなんでしょうね。笑)

あ、もちろん先日も書いた様に、思い込みを見つけることが目的ではありません。

でね、以前にも

自己否定

自己受容

自己肯定

と、いうことを書いてるのですが、

実は、もっと先といいますか本質をいうと、

“否定か、肯定か、ではない”

んですね。

そう。
自己肯定とは、自己否定をやめて、自分を肯定することじゃない。

ややこしや~~(?_?)???
ですよね。笑

まずね、自己否定って自己愛の裏返しなんです。

つまり、否定は肯定と表裏一体で成り立っているということです。

否定があるからこそ肯定があって、
肯定しようと思ったら裏には否定が張り付いてて、

肯定か否定か・・・
↑それ自体が思考のゲーム。

わたし自身、まぁよくこの思考のゲームやってたわ。笑

いわゆる
「ひとり相撲」ってヤツです。笑

要はね、自己否定が強ければ強いほど、本当は自分が好きなんです。

これに気づくだけでも、不要な自己否定がなくなると思います。

「なぁ~んだ、私は、ひとり相撲して苦しんでただけやん!」って。笑

「ゆうこりんは、今は自己否定しないの?」
↑って、先日👂質問されたのですが、

私は、この本質(ひとり相撲)に気づいてからは、更に格段に減りました。

あ、無くなってはいません。

「あぁ、私って本当ダメだわ。。」って、落ち込むことはあります。笑

ただ、深刻な自己否定はしなくなりました。

そして、究極の自己肯定とは、

「自己肯定」の枠の外(超えること)だと思うのです。

肯定するんじゃなくて、
ただ「わたし」がいる。
ただ「あなた」がいる。

そう。
自分が自分である。

否定も肯定もない瞬間。

似た例でいうと、
これも以前に書きましたが、

「自信がある」とか、
「自信がない」とか、
どうでもいい。

↑みたいな状態。

★「それでいい」
は、ステキな肯定。

★「それで良くても、良くなくても、どっちでもいい」
は、拡大版のステキな肯定。

★「肯定しても、しなくても、なんでもいい」
は、肯定って枠の外。究極のステキな肯定。

↑この違い、伝わってるかな?(^_^;)

結局は思い込み(ビリーフ)の解放って、1つのツールでしかないのですが、本当にパワフルなので、どんどんシェアしていきます(^!^)y~

[cta id="1921" vid="0"]

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)