YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

「あの人は◯◯◯◯◯」って本当?

こんばんは(*^^*)

“自立したい女性を応援するコーチ”本田裕子です。

今日のお題は【「あの人は○○○○○」って本当?】です♪

はい。

今日は結論から。

それは、

「あの人は困っている」

↑それって本当?です。

例えば、私たちって何か

「すごい!これはいい!」って感動すると、つい人にシェアしたくなりませんか?

私はなります。笑

するとね、次にこんな気持ちが湧くことも少なくありません。
★これ、ウチの親に聞かせたい。

★ウチの旦那に見せたい。

★ウチのパートナーも知っといた方がいいわ。

★ウチの子に教えてあげたい。

★友人や職場の○○さんこそ、こういうのが必要だ。

↑なんてね。

うん。

そこには純粋に相手を思っている気持ちがあることは確かよね♡

私も連休に母が来てたとき、ホイットニーヒューストンの今お気に入りのBGMが癒されるから聞かせたい!って思って流してましたもん🎵笑
幸い、母も気に入ってくれて一瞬に癒しの空間&時間を過ごせました✨

ただ要注意なのが、

“身近なあの人が困っているように見えるとき”です。

そう。

★これを知ったら楽になるんじゃないか

★なんとかしてあげたい

↑こんな気持ち。

でもね、

そこには別の影が潜んでいる可能性も考えてみた方がいいのです。

それは何かというと、

「あの人は困っている」と思っている、あなた自身のその受け止め方。

そう。

あなた自身が「あの人」に対してしている

「あの人が問題だ」って視ている“問題視”のことです。
そこには巧妙に隠された

あなた自身の「問題」が潜んでいるケースがあるから。

そもそも・・です。

「あの人は困っている」

↑それって本当?

あの人は、本当に本当に

そこまで困っているんでしょうか?

もしかすると、、
そんなあの人「に」困っているのは、

あなたの方だっりしないかな?

★「あの人が、あんなだから…」

私が困る。

私がイラッとする。

私が被害こうむる。

★「あの人が、あんなだから…」

ダメになっちゃうんじゃないかな。

心配でたまらなくなる。

そうだ!

今、あの人はよくないわ。

この理論があれば、

このスキルを使えば、

このことを知れば、

あの人も変われるんじゃないかな。

あ〜〜どうしたら、あの人は変われるかしら。。
そのために私は、どうしてあげたらいいかしら。。

あ、この本がいいかしら。

あの先生の個人セッションに行ったらいいんじゃないかしら。

あの先生のコーチングを受けたらいいんじゃないかしら。

はい。

「何もせんでよか〜〜!!」

↑です。笑

ここで、

ブログ記事upの承諾いただきましたので、少し実例をあげますが、つい先日、私のところにもセッションのご依頼を、ご本人様ではなく、ご家族(旦那様)からいただきました。
「ウチの○○に…」と。
これってね、お気持ちは凄く分かりますが、

ぶっちゃけ微妙です。。
というか、微妙になりました。

なぜなら、ご本人は全くもって切実じゃなく、困ってもなく、連れてこられた感バリバリで、ピンときてない。。
そう。

もちろん、ご本人のコミットメントもありませんし、必要性を感じていないのですから当然です。

ですので、中断をさせていただきました。
すると、ご本人様から、

「そんなことよりも美容の話が聴きたい!」と、急に目をキラキラさせて言われたので大幅に変更となりました。

という訳で、

「これはいい!これこそ○○さんこそ必要だわ!」

↑と思ったら、
ちょっとタンマ〜〜!!

(タンマって死語?笑)
深呼吸して考えてみて。

まず、

「これがあれば、あの人は変われる!」

↑って思ってる自分に気づいて自覚すること。

次に、

「○○さん」本人は、本当に本当に、そんなに変わりたい?
たぶん、そんな気なさそうじゃない?笑

そして、

そんなに変わってもらいたいと思ってるのは誰?
「わたし」ですよね?

あの人じゃなくて。

どうしてそんなに変わってもらわなくちゃいけないんでしょう?
「あの人が問題だから」

ですよね?

そう思っているうちは、状況も「あの人」も変わることは、まずないです。

じゃあ、どうすればいい?
それは、そういうあの人にイラッとしたり、心配したり、問題視している

あなた自身が、自分の心をまっすぐに見つめ、本音を知ること。
深いところにあって、見たくないところかもしれません。
それを見たくないがために一生懸命「あの人」に変換して「問題だわ!困っているんだわ!」と、言うのです。

まぁ、その方が自分の痛いところを見ないで済んじゃうので、

「困っているあの人を何とかする」っていう使命感に充実さえ感じちゃうからね。

でもね、本当に本気で何とかしたかったら、

そんな時こそ

自分に向き合ってみて。

セッションに来た方がいいのは、「あの人」じゃなくて、そういうあなたの方です。

え?なんで わたしが?

それこそ、わたしは問題ないわ。

わたしは大丈夫!

大丈夫じゃないのは「あの人」なんだから。

↑と、本当に本当に

本音で思うとしたら、

今のあなたは、セッションにこなくていい時期なのかもしれません。

ですので、とことんやりきるのです。

「あの人が」を。
やりきってやりきったときに、

「え?わたし?」って気づくかもしれないね。

そうして、解決の糸口は自分の中にあった、ということが腑に落ちてくる。

まずは自分。

そうこうしてうちに、自然と土壌や土台が変わってきます。
「これいいよ〜!」って、素直な気持ちで、

大切な人に、適切な時で言える。
その言葉にはね、

もう「変わってよ。じゃないと私が困るのよ」っていう空気(波動)が入っていなくて、ピュアなものになってるから、
言われた方も、

「へぇ〜、そんなにいいんだ〜」って素直に興味を持ったり、

「そんなにいいなら、自分もやってみたい」って言うかもしれません。

あ、言わないかもしれないけどね。笑

そうならそうで、あなたは全く構わなくなってるはず♡

★あなたが変わらなくても、あなたはそれでいい

★あなたが変わっても、あなたなら何でもいい

★どんなあなたでもいい

★わたしもわたしでいい
わたしが本音で生きるだけで、自分自身にくつろげるようになる。

人は本当に変わりたかったら自分で変わっていく。
変わりたくなかったら変わらないしね。
そして、それならそれでいい。

まずは、

自分の本音に従って自分のことをやりましょ✨

最後に昨日はコーチングが2件あって、合間の空き時間に1時間だけカラオケに行ったよ。

さて、私が昨日〆で歌った曲は何でしょう?
あ〜教えたい!♡

(教えないと困るでしょ?なんちゃって。笑)
ですが、文字数オーバーなので続きは明日♡

(歌詞が好きで写メまで撮ったのだ。笑)

本日もお読みくださり、ありがとうございました!

 

[cta id="1921" vid="0"]

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)