YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

本当に人を魅了するのは◯◯の◯◯


こんばんは(*^^*)

“自立したい女性を応援するコーチ”本田裕子です。

今日のお題は【本当に人を魅了するのは○○の○○】です♪

はい。

○◯だらけでございます。笑

昨日インスタにも書いたのですが、とても素敵な名言をいただいたの。

それはね、

★サービスとは“相手に何かを提供する”ことだけじゃなく、サービスを受ける側も“受け取り方で相手を喜ばせる”というサービスがある。

↑ということ。

そう。
私は、その名言をお聞きして、

★受け取る側にも相手を喜ばせるサービスが存在する。

↑と思ったのです。

私は恋愛やパートナーシップ等の相談をお聞きすることも多いのですが、同じことが言えると思うのです。

ちょうど今日、相談ではないけど、お聞きしたばかりの実例をあげますと、
▲友人→「ゆうこりん、聞いてください。先日、彼が突然プレゼントをくれたんですぅ。」 

△私→「わぉ✨ステキ♡」

▲友人→「誕生日でもないのに突然ですよ〜!」

△私→「更にステキじゃない!」

▲友人→「え?なんか悪くって…。」

△私→「なんで?」

▲友人→「それが結構高価なものなんです。大丈夫かなぁ。ゆうこりんならどうします?」

△私→「喜ぶ。笑」

そうです。

遠慮なんていらんとです。
男性は、あなたを喜ばせたいのです。

その「喜ばせたい」って気持ちを受け取って、素直に喜ぶことが男性も嬉しいのです。

これも循環💕

でね、どういう風に喜んだらいいのか聞かれたのですが、頭で考えなくていいと思うのです。

こういう風にすれば…とか、巷には沢山のテクニックがあるみたいですが、変な計算は一切、要らないですよね。
なぜなら、メッキは必ず剥がれるからね。

本当に人を魅了するのは、

ウソ偽りのない「本音の感動」です。
プレゼントの内容や値段は関係なくて、

大切なのは本当に心から感動すること。
薄っぺらい演技じゃなくてね。

つまり「本音の感動力」

じゃあ、どうしたら感動力をupすることができるのでしょう?

それは、

目に見えない部分に視点を向けること。
そう。

相手の目に見えない行動や心の動きを想像するのです。
あなたの大切な人は忙しい合間を縫ってプレゼントを買いに行ってくれたのかもしれないし、プレゼントを選んでいる時間もあなたの事を考えているの。喜ぶ顔が見たい一心で…♡
又、お食事をご馳走になるにしても、お店のチョイスから予約まで目に見えない相手の行動や心の動きがあるよね。

もっというと、そのお食事には、様々な人の手や真心や労力があるよね。
このように目に見えない部分(プロセス)に視点を向け、想像することで目の前のプレゼントに対して心からの感動力がupします。

(upし過ぎて、感動の涙を流す機会が増えちゃうかも♡笑)

やはり、目に見えないものに目を向けるのって大切。

そして、そもそもね、
前提として、

★男性はスーパーマン

☆女性はスーパーマンにとってかけがえのない大切な存在
↑なんです♡

だからね、女性の皆さん

じゃんじゃん受け取ろう!

あ、そうそう💡
昨日言ってた私がカラオケで最後に歌った曲は、
🎤平井堅さんの

「君の好きなとこ」でした🎵

(実は少し前に教えて貰って知ったのですが、あるある〜!の可愛い歌詞が好きなのだ)
…………………………

🎤歌詞の一部↓
お腹が空くと 機嫌が悪くなって黙りこむ 

酔うとすぐ寝るくせに 帰りたくないとすねる 
君の嫌なところも そりゃ少しはあるけれど 

会えばいつも許してしまう 
ホッとした顔 笑ったときに八の字になる眉 

皮肉やなのに 意外と人情ものに弱い 
君の好きなとこなら 世界中の誰よりも 

知ってる僕が嬉しくて 
ほら今 君が笑うから 

…………………………
歌詞だと「嫌なところも少しはあるけれど許してしまう」ってあるけど、

許すというよりは自分の好きな気持ちに正直で、お互い完璧じゃないからこそ、すべてを愛さずにはいられないってことだと思うんですよね。

いわゆる

「しょうがないなぁ」です。

ですから、

是非

あなたの大切な人に、

あなたが一緒に生きていきたいと思う人に、
「しょうがないなぁ」って言われてください。
「しょうがないなぁ」って言わせてあげてください。

相手の方は、

「しょうがないなぁ」って言いながらね、
あなたの力になれることを喜んでいますから♡

大切にしたい人ほど

一緒に生きていきたい人にほど

その喜びを

味わわせてあげてくださいね(*´艸`)

あなたの

「ありがとう」が

「本音の感動」が

大切な人を

更にしあわせにするのですヾ(@⌒ー⌒@)ノ✨

本日もお読みくださり、ありがとうございました!

 

[cta id="1921" vid="0"]

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)