YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

そんな向上心は捨てちまえ!

こんばんは(*^^*)

“自立したい女性を応援するコーチ”本田裕子です。

今日のお題は【そんな向上心は捨てちまえ!】です♪
はい。
昨日の記事にも少し関連するのですが、自分(他人)を大事にするってさ、ほんと誰かの役に立つことでもなければ、誰かの期待に応えることでもない。
と私は思うんです。

ちょうど昨日今日と、恋愛の悩みをお聞きする機会が続いて👂本日は私が今、感じてることを私の主観たっぷりに書きたいと思います。

私は以前にも何度か書いてますが、個人的に恋愛ってエネルギーの源♡
そう。

ポイントは、エネルギーの源ではあるけど、エネルギーの消費ではないということ。

でも、エネルギーの消費になってる方って、恋愛だけが生き甲斐になっていて、何も起こっていない未来に不安を感じたり、嫉妬したり、愛されるために…認められるために…って努力して自分じゃない役割を演じ続けていて、その努力が生き辛さを生んでいるのです。

そして、それに気づいていなかったりします。

それって、

「何のため?」

「認められるため?」

「誰に?」
すると、

「常に自分を振り返って、向上しなくちゃ!」

↑と、おっしゃいます。

これって、自分が主体の人生になってないのです。

ここで考えてみたいのです。
「向上心」ってさ、何か凄く素敵な響きがあるよね。

とても前向きというか、努力して自分を向上させる事は人として素晴らしい、みたいなね。
でもさ、この「向上心」を使って自分を否定したら意味なくない?

先日の私の投稿(6/1 「お勉強は苦手でした」記事)に私の個人的なことを書きましたが、

私は上京後に突然、学歴コンプレックスになり、学生時代に勉強しなかった分を取り戻そうとして様々な資格を取得しました。
強がって粋がって、弱さを隠し、もっと立派な人に…と、私じゃない何者かになろうとしてました。
かなり、しんどかった。笑
でも、その時は向上するって素晴らしいと思っていたし、努力してることで安心してたよね。
そして、世間に認めさせたかった。
いや、違うな。
正確に言うと、認めてもらいたかった。

てか、

「世間って誰?」だよね。笑

自分が自分を認めてなかったから、このままじゃいけないって自分を否定してたよね。

そう。
これは、向上心という名の自己否定です。

純粋な想いじゃない。

自分の存在が主体じゃない。
だからね、

それに気づいて、キッパリ捨てました。

そうして、自分が主体の人生を歩みはじめたら、どんどん自分と繋がった♡
で、

「あれ?私は何と闘ってたんだっけ?」って笑っちゃったよねw

冒頭の昨日今日、私がお聞きした恋愛の悩みも、これと同じパターンだと思うんです。

例えば、お料理が好きで純粋に上手くなりたいなら、それは楽しくていいよね。
でも、お料理が好きじゃないのに愛されるために…って努力なら、やめちまえ!
お料理なんて苦手でも関係ないから。

お料理が苦手でも、パートナーと素敵な関係を築いてる人たちは一杯いる。
それこそ、

「しょうがないなあ」って嬉しそうに言ってくれるから♡笑
世間やマスコミの情報を鵜呑みにしなくていい。

あとね、恋愛だけが生き甲斐になってると暇だから、その暇を埋めるために色々な思いを馳せてネガティブな未来を妄想してエネルギーを消耗してるのに気づいてないのです。

エネルギーを消耗するような恋愛はしなくていい。

エネルギーの源だったり、エネルギーが循環するような恋愛をした方が、結果的に色んな素敵なものを惹きつけます。

向上心という名の自己否定なんて必要ないから。
もし、常に「向上しなくちゃ!」って思うのなら、それは何処からきてるのか内観してみて。
あなたの存在が主体の人生を歩もう!

努力なんてしなくても、勝手に素敵なものを、どんどん惹きつけちゃうから(o^^o)♡

本日もお読みくださり、ありがとうございました!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)