YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

運がいい人の共通点

こんばんは(*^^*)

“自立したい女性を応援するコーチ”本田裕子です。

今日のお題は【運がいい人の共通点】です♪

「人生が思い通りにスイスイいったら、どんなにいいかしら…」
↑今日、打ち合わせ後に、そのままホテルのカフェで1人ランチしてたら、隣のテーブル(2人組の女性)から聞こえてきた会話👂
すると、もう1人の方が

「本当…。もっと強くなりたい」と。

★もっと強くなりたい!

★もっとがんばろう!
↑そんなふうに思うことってありませんか?

今の私は、自分の弱さや醜さも痛いほどに知っているので、強くなりたい!とは全く思わなくなったけど、昔は本当いつも強くなりたいと思っていました。

でさ、

人生って、何が起こるか分からないから面白いよね。

右往左往してみたり、石橋を叩いてみたり、はたまた石橋を叩く前に渡ってみたり、コケたり泥だらけになったり、そのリスクとスリルが人生の醍醐味。笑

(すべてネタになるしね)

自分に弱い部分があるからこそ、他人の弱い部分が愛しかったり、又、別の意味で自分の弱さに苦しんでいる人に心を寄せることができる。

こんなふうに思えるようになったのは、思い通りにならないことから力んで強くなろうとして、こてんぱになった経験が多々あるから(笑)根本的なところの発想を変え、肩の力を抜くようになったから。
あとは、自分の人生を思い通りに描くことを人体実験してきて、意識の向け方などを試行錯誤した結果、3本柱を軸に(この3本柱については以前にも書いたけど後日また書きたいと思います)自分は何が起きても起きなくても大丈夫なんだと心底、実感したから。

そうして、とりあえず流されるように流されてみたんです。
するとね、想像してた以上に素敵な場所に流れ着くこともあると知った。

だからね、

今、人生が思うようにいかないと感じてる方、失望感や憤り等の感情にがんじがらめになってる方、
今は思い通りにいかなくても絶対に大丈夫。

ここで1つ、ご提案なのですが、
万事休すのときほど、ちょっと肩の力を抜いて身を委ねてみて。
すると、私たちが本来もつ柔軟性や順応性が道を開いてくれたりする。
私の経験からしても、なんや知らんけど、

力んでる時じゃなくて、先日から書いてる自分の基準(私の場合は、自分が気持ちいい♡)に従ってるときに、すごい知らせや出来事が起きる。
そう。

力んだり頭で色々なことを、こねくり回して考えているときより身を委ねて、イヒ(^ν^)♡ってしてる方が断然、確率が高い。
それこそ、なんや知らんけど。笑

中には、最初は違う道!?に思えたりすることもあるのだけど、流れに身を委ねて進むと、別の素敵な展開につながってたり。

反対に、意固地になればなるほど空回りする。

(こちらも散々、経験済み。笑)

私の周りには、本当に運がいい人がいます。
その人たちに共通してるのは、

「流れに身を委ねている」ということ。

色々なことがあっても、最終的には何度も奇跡を起こしてる。
いや、それすら勝手に起きてるのかも!?笑

ポイントは、
★何かを変えようと意固地にならないで、どこに流されていくかわからないけれど、力を抜いてまずは今おかれた状況を、否定も肯定もせず、そのまま受け入れてみる。流されるように流されてみる。身を委ねてみる。

★どんな感情も否定しない。怒り・イライラ・落胆・悲しみなどの感情も蓋をしない。人間だもの。あなたにもふりかかってきて当然。それこそ、その感情を感じてる自分を「お〜そうかそうか」とか「よしよし」でも「だよね〜」でもいいから吐き出してあげる。
★何か理不尽なことが起きたとき、意固地になるんじゃなくて、

「わたしの品格はそんなことでは傷つかない」と、そんなときこそ凛とした自分で在るために、毅然と軽やかにスルーする。
憎悪の気持ちを持ち続けると、その強い負のエネルギーは外に放たれるだけではなく、自分にもブーメランのように刃向かってきて呪縛されちゃいます。
そんなことを長時間してると、一番傷つくのは自分ですから。
さっさと吐き出してスッキリするのがコツ。

(ジョギングもオススメ。最近経験済み。笑)

あ、だからといって、いい子ぶる必要はないからね。

嫌なら嫌だと言うこと。

一時的に心の中で毒づいたっていいじゃない?笑
それこそ善悪つけまくるのです。

(一時的にね。笑)
でも最後は無にして、ニュートラルポジションに戻る。
そして、

「おかえり♡」って言ってあげるの。笑

これ、本当オススメ(o^o^o)

流されてみましょうよ。
人生、そのときはうまくいかないように思えても、流されてみた一瞬先はバラ色だったってこと、あるから。

 
本日もお読みくださり、ありがとうございました。

[cta id="1921" vid="0"]

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)