YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

その“諦め”は違くない?

こんばんは(*^^*)

“自立したい女性を応援するコーチ”本田裕子です。
今日のお題は【その“諦め”は違くない?】です♪

はい。
以前にも書いたことがあるけれど私は、
ほんとワガママで自己中。

アタマ悪い上に勉強嫌い。

興味のあることしか動けない。

面倒臭いの苦手だから人に任せるし、

嫌なことも人にお願いするし、

せっかちやし、

好きな人にしか会いたくないし、

好きなことしかしないし、 

来るもの選んで去るもの追わずやし、
アタマ悪い癖に真剣なことになると、

たまにアタマこねくりまわして、

悪循環になることもあるし、
要領悪くてたまに後で、

のたうち回ることもあって、

本当バカだなあって思うけど、

要領のいい生き方をしたいとも思ってないし、
ほんと不器用でどうしようもない

なかなかに面倒臭い自分を大切に思ってて、、
だからこそ他の誰よりも「その自分」を、

思う存分に、のびのびと喜びに生き、

人生を楽しみながら味わいながら、

過ごさせてあげたい。

そう。
私は、私が↑こういう人間であることを諦めて(明らめて)います。

「諦める」って、“泣く泣く断念する”的な意味で使われがちだけど、元々の語源は“明らかにする”とか“見極める”って意味なんですよね。

そう。

明らかに見て、諦める。

これってプラス思考とか、ポジティブとかじゃなくて、ただただ真理を明らかにすること、だと私は思っています。

でね、話は戻るけど、

私は「その自分」をね、

「わたしの人生の主役」として、

これからも愛してあげたいし、

又、この先も愛する経験や、

愛される経験をさせてあげたい。

私がそういう生き方を望んだのだから、

もし、「その自分」が、

他人の期待に応えられなくても、

知らないうちに他人を傷つけていたのだとしても、

それは仕方のないことだと諦めています。

ただね、悩んでる方々のお話を聞いていると、

★私はこんな生まれだから…

★私は努力してこなかったから…

★私は太り(痩せ)すぎているから…

★私は取り柄がないから…

★私なんて…

↑「だから仕方ない」と。。

ん?

その「仕方ない」って、

よくよく聞いていると、
幸せになれないことや、

他人から大事にされないこと等の

「仕方ない」なんだよね。。。

なんか諦めるところ、違くない??

だって、それって“誰かのため”の「仕方ない」になってるじゃん。

私は、

自分が自分を生きるために、愛するために、

どんなときも自分の味方であるために、

そのために“他人や社会の期待”に応えられないときにこそ、大いに諦めちゃおうよ!と思うのです。

そう。

自分の在りたい姿(例「喜びに生きる」とか)や、

自分の望む生き方に対しては「仕方ない」はないから。

他人や社会に求められることに対して「仕方ない」を使って自分を追い込んで応えようとするんじゃない。

だからさ、

例えば、

太り(痩せ)すぎな自分がいたとしたら、

↑「その自分」は自分として、どうなの?ってことなんだよね。

もしも、「その自分」は自分として嫌だったり、望んでないのならば、、
そこは「仕方ない」とか言って諦めてないで動き出すんだよ!
人の期待に応えてる場合じゃないんだよ。
一番尊い自分をそんな状態にしてる自分が許せないんだったら、在り方さえ決めちゃえば方法なんて幾らでも出てくるから。
食事でも運動でも自分に合うものを試すんだよ。

逆に体型とか関係ない人もいますよね。
それは堂々とそのままの自分で胸はって生きたらいいと思うのです。
って私がいちいち言うまでもなく、そういう方は堂々してて素敵なんだよね。

あ、何が言いたいのかというと、

すべての基準は「自分のために」ということ。

「仕方ない」っていう諦めは、他人や世間のため、自分を生きることを諦めるために使うんじゃなくて、
自分を大切にするため、

自分の味方であるため、

その自分を自分だけの美学にのっとって磨くために使うんだ。

そもそも悩んでるのだって、自分のことを愛してるからこそ悩んでるんだから。

自分を隠して誰かの期待に応えるためや、周りに評価されるための自分になんか、本当はなりたくないでしょ?

女性はね、素直な愛を放っているときが、

最も内側から輝きが溢れでるの✨

“自分のため”の基準に、

自分の在りたい姿や自分の望みのために、

変えられるとこは変え、変えられないとこは変えようとしない。

そこを明らかに見て諦める。

他人は変えられないのに変えようとしたり、自分じゃなく他人のために努力してしまったりするから苦しいんだよ。

そんな無駄な努力は、さっさと諦めよう。

あと、私の場合だと、

昔、学歴コンプレックスだったけど、

学歴のない私だからこそ、

手段はガンガン諦めてきました。

だって、どんなに頑張っても上には上がいるし、ダメなときはダメなんだよね。
だけど、目的は諦めちゃダメ。

「どうせ私は・・」は諦めじゃなくて、

単なる甘え だと思う。
本日もお読みくださり、ありがとうございました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)