YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

ジャッジするんだよ!

ジャッジするんだよ!

おはようございます。

本田裕子です。

今日のお題は、【ジャッジするんだよ!】です。

よく「ジャッジをしない」とか、 

「自分に判断をつけない」って言われてるでしょ?

で、ほとんどの人は、 

“判断しない=判断をやめること ”

↑だと思い込んでいますし、

自分の心を楽にする為には 、

ジャッジをしてはいけない、と思い込んでいます。 
これがまた悪循環を生んでるんだよね。
なぜなら、

「ジャッジをしている自分を 

またさらにジャッジする」から。 

…………………………

「私たちの毎日の選択には、 

意識している以上の強いチカラがある」 

多くの人は何気なく(無意識に)毎日を選択している事が大半、だと言われています。
そして、ただただ習慣に自分の人生が流されてしまうこともあります。 
決してそれが悪い、っていうことではなくて。
それもまた、学びであるから。

ただね、
自分が毎日選ぶものには、

必ず見えない「動機」 があるでしょ?

例えば、

先日、コンビニに寄ったら、

同じようなアサイージュースが横に並んでて

右のほうより左の方が値段が高かったんです。
その「動機」が気になりませんか?

(量は同じなのに、値段は約1.5倍 )
又、そのアサイージュースを選ぶ時も、 

なんとなく選んでいるようで、 

必ず「自分だけの価値基準」があるのです。

そう。

自分の判断であり、

「判断基準」

ここで、冒頭の話に戻るんだけど、
判断をしないことがいいのではなくて、

「自分の判断基準を知っている」ことが大切なんだよね。

又、そもそも論だけど、私たちはジャッジしないで生きていくことは出来ないのです。

「直感に従う」とか、

「自分の本音に従う」とか言ってるけど、
「直感に従う」「本音に従う」という

「判断基準」がなければ、

それは実行されないのだから。

大切なことは「自分のジャッジマン(裁判官)を 飼いならすこと 」

つまり、自分の中で判断をしてしまう 

内なる裁判官の言うことをよく聞き、

(注) あくまでも聞くだけ。従うんじゃなく)

そして、その裁判官と仲良くなること。 

だから判断してもいい。 

というか、むしろ、 

『自分で判断(ジャッジ)せよ!』 
いや、もっというと、

『ジャッジするんだよ!』だ。笑

不自由を感じている人の共通点は、

無意識に操られているから、なんです。

私たちは考え方によって作られると思われがちだけど、選択によって作られる部分が多分にあります。

ですから、

「自分が何気なくしている選択」に 

目を向けてみてください。 

どういう「動機」が潜んでいるのか? 

どういう「前提」が潜んでいるのか? 

すべて、

「自分で自分をどう思っているのか?」の

投影が、自分の「選択」に現れているのだから。

…………………………

ちなみに私が左のアサイージュースを選んだ動機は、値段が高いからw
なぜなら、そちらの方が高品質で身体にいい気がしたから。(単純。笑)
そして、その前提は高品質なもの、身体にいいものを取り入れるのが当然。

(もっと ぶっちゃけると、私は最高のものが似合う。笑)
↑これを無意識にしていました。
面白いよねw

あ、もう1つ余談です。
「SNSで人を批判してはいけません!いいことを書きましょう!」って言ってる人は、

「SNSで批判してもいい」って言ってる人を、批判してるよね。笑
絶対の善なんて、この世にはないのにね。

(私は個人的に、↑こういうこと言ってる人は、いい人ぶってるなあ〜って思う。笑)

悪口や誹謗中傷と、批判や意見は違うしね。

嫌なら見なきゃいいだけ。

又、批判されて嫌だと感じたら即ブロックすればいいだけ。
まあ、結局はなんでもいいのだけど、 、笑

★無意識に批判した自分を批判したり、

★自分はダメなんじゃないか?って思う自分を更にダメだと感じていたり、
↑と悪循環を生むのは、ジャッジしちゃいけないと思ってるからなんだよね。

(むかし散々、この悪循環にハマった経験者は語る。笑)
ですから、自分のジャッジマンを飼いならそう!
どうせ この世に遊びにきてるのだし、

無意識に深刻になるより、

人生 めいっぱい

楽しみまくりたいもの(⌒▽⌒)♡ 

本日もお読みくださり、ありがとうございました。

[cta id="1921" vid="0"]

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)