YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

私(あなた)の力になるもの

私(あなた)の力になるもの

おはようございます。

今日のお題は、【私(あなた)の力になるもの】です。

私は前回の記事で、

★「いま ここ」に存在するものを

徹底的に味わいつくすことで、

「いま ここ」を感じることができ、

そうすることで、
止めどなく流れる思考、
暴走する思考を、断ち切る。
↑ということを書きました。

すると、
「いま ここ」を感じることが難しい、という
感想⁈ をいただきました。

又、
何の判断や解釈も入れずに思考をスルーし
「ただ観察する」(ただ見る)ことが難しい、
という感想も。

なるほど。
「ただ観察する」って、
自分の内側で何をやっているか、
何が起きているか、
にただ気づくだけでいい、のですが、

今日は、
「いま ここ」を感じるワークや、
(今とともにある)
「ただ観察する」具体的な練習例をシェアしたいと思います。

…………………………

★「いま ここ」を感じるワーク。
意識を「いま」におくことで、元々持っている自分(あなた)の本来の感性を取り戻します。
まずは定番ですが大切な呼吸から〜(╹◡╹)
呼吸に意識を向けて、
口から大きく息を吐き出しましょう。

(ふう〜〜😚)

次は、ゆっくり鼻から大きく息を吸い込んでみましょう。

(ス〜〜☺️)

ゆっくりとゆっくりと、口から吐いて、鼻から吸います。

(ふう〜〜〜😚 ス〜〜〜☺️)
今度は、息を吐きながら、息を吐き出している自分に意識の焦点をあててみます。

吸うときも同じです。

(「私はいま息を吐いている、私はいま息を吸っている」ってイメージしながら、ゆっくりと呼吸を繰り返して)
吐くときは肺から喉、そして口の先からゆっくりと空気が送り出されるのが分かります。
吸うときは鼻から喉、そして肺へと空気が糸を引くように流れ込み、肺が広がっていくのが分かります。

ゆっくりと吐いて〜ゆっくりと吸う。

(肺がしぼみ、そして広がっていく感覚が分かります)
ゆっくりと吐いて〜ゆっくりと吸う。

(空気がカラダの外に流れだし、そして流れ込む感覚をとてもクリアに感じ取ることができます)
ゆっくりと吐いて〜ゆっくりと吸う。

(呼吸をしている自分を感じています)
ゆっくりと吐いて〜ゆっくりと吸う。

(呼吸に集中すればするほど、思考がやんでいくのが分かります)
呼吸している自分だけがある。
そして、ゆっったりとした安らぎがある。

(あったか〜いものに包まれているような、優しいものに撫でられているような、そんな感覚があるかも知れません)

これが「今とともにある」

↑という感覚です(╹◡╹)

では次に、意識を呼吸から耳に意識を向けていきましょう。👂
耳を澄ませてください。
聞こえるものに意識を向けてみましょう。
何が聞こえますか?
何か1つ、その音をとらえ、意識を向けて。
それは、

どこから聞こえるでしょう?

どんな音がするでしょう?

どんなリズムで音を奏でているでしょう?
その音に意識をつなげる、っていう感覚を試してみてください。

(心の深〜い部分が音のリズムに同調し、溶けて広がっていく感覚です😌♡)
さあ、次に意識を違う音に向けてみましょう。

(さっきの音とは違う音が、どこからか聞こえているはず)
意識のチャンネルをそちらに合わせ、その音を感じてください。
何が聞こえますか?

どこから聞こえますか?

(音との同調ができたら、先ほどと↑何か感じ方が異なるか確認してみてください)
音には色々な波長やリズム、大きさがあります。心の奥で、それらの違いを感じ取ってみてください。
慣れてきたら、ほかの音にも意識を向けてみましょう。

(音に意識を向ければ向けるほど、その数は無限に増えていくように感じますし、実際にあなたの周りには色々な音があなたにバイブレーションを送っています)

音の次はカラダに意識を向けてみましょう。
いま、あなたは何に触れてますか?
あなたの肌に触れているものを意識してみましょう。
それはどんな感触ですか?

温かいですか? 冷たいですか?

ザラザラしてますか? フンワリしてますか?

(その感触に意識をつなげてみてください)

そして幾つか他のものにも触れて、それぞれの感触を確かめ、意識をつなげてみてください。

(それらの感触の違いを確かめてください)

あなたは「今とともにある」という感覚を取り戻しています。
とっても安らかで、とっても穏やかで、

心地よい感覚が、あなたを包んでいます。
あなたの意識は「今」にあり、

そして、

それがまるで波紋のように

周囲へと広がっています( ◠‿◠ )✨

🍒(注)

これは、1人の静かな時間を過ごされているときに、お試しください。

(屋内はもちろん、屋外でもぜひ✨)
…………………………

★ただ観察するワーク
ポイントは対象をただ見ること。
例えば散歩時に、

そこにある街路樹の樹皮や、枝、葉っぱを、

なんの判断も与えずに、ただ見る。
ただ見る。
1つの対象・対象に、

それができるようになったら、
次は目に映る全体を、ただ見る。
これはテーブルだとか、これは扉だとか、

そういう名前も忘れて、あるものをただ見る。

(ここで、どうしても思考が湧いてしまったら、思考も外側の景色と同じようにして、ただ見るのです)
なんの判断や解釈評価も与えずに、

ただ見るという練習を繰り返していると、
ある時ふと、気づくことが。
それは、

「実はなにも起きていなかった」ってことに。

(これも言語化すると変にw)

ただ、これは非常に力になるよ♡
よろしければ( ◠‿◠ )✨

本日もお読みくださり、ありがとうございました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)