YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

不恰好な姿に気づくとき

不恰好な姿に気づくとき

こんばんは。

本田裕子です。

今日のお題は、【不恰好な姿に気づくとき】です。

昔の私は完璧を追い求めていました。

(いわゆる聖人君子👼(´∀`)笑)

そうして散々・・追い求めて、、、

気づいたのです。

そう。

人は完璧じゃないから完璧に憧れて、完璧になろうとする。
そうしていつか気づくのだ。

完璧を追い求める自分の不恰好な姿に。

(↑同じ体験のシェア話を先日のセッションでも聞いたばかり👂)

あは(^∇^)笑
その話をされてる姿は、

とても素敵でカッコ良かった✨

又、

完璧になる必要がどこにあるの?
成功者になる必要がどこにあるの?
間違いを犯さず涙も流さず1人泣いた夜がない人など一体どこにいるの?

より沢山の人に好かれたり、

より沢山の人の支持されようとしなくていいんだよ。

何かしてもいいし、何もしなくてもいい。

したいことはしちゃってるから。

そもそも望むものは全て叶うし、

叶っているのだから、既に

誰もが成功者とも言えるよね。

「あるべき姿」とか「○○しなくちゃ」って自分を縛っているのは、あなた自身。

「いつも明るくあるべき」とか「○○しなくちゃダメ」とかって自分を痛めつける必要はないのだと思う。

そんな風に自分を縛りながら無理して明るさを出すんじゃなくて、全ては勝手に「溢れ出てしまう」ものだから✨
常に明るくある必要なんてないし、みんなと仲良くする必要もないんだよ。

今日の私はサクサクいきたいから

(明日のサロンの準備を含めサクサクしたいことがあるから)

朝からサクサク動き、セッションもし、今夜もサクサクは続くけれどダラダラの日もある。
ダラダラだって好き。笑

だから目の前の人のサクサクもダラダラも好き。
もっというと、光の部分だけじゃなく闇の部分を含めて素敵だなあと感じる。

そう、

人はあなたの

どんなところだって

愛おしくて愛おしくて

しょうがないのだ。

あなたがそうじゃないと

思い込んでるだけなんだ。
なぜなら、約80億人の中で、

「あなた」はただ1人しかいないのだから。

あなたの代わりに、あなたの人生を生きてくれる人は、他にいないのだから。

だから、

ごちゃごちゃ言ってくる人がいるのなら、

こう言ってあげて。

 
「わたしの幸せを、

あなたが決めないでよね!」と♡笑

( ͡° ͜ʖ ͡°)♡

本日もお読みくださり、ありがとうございました。

【追伸】

メルマガのお問い合わせをいただきた方へ。
↓このような連絡が入りまして、本日、対応いたしました。

ご不便をおかけいたしました。
現在は登録できますので、

宜しくお願いいたします。
ありがとうございます!

【メルマガ 】

https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=honday&MagazineID=1&MoreItem=1

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)