YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

人付き合いの上品さ、下品さ

人付き合いの上品さ、下品さ

おはようございます。
本田裕子です。
今日のお題は、【人付き合いの上品さ、下品さ】です。

私は、今年の元旦に書いたブログ記事にも、

過去の記事にも何度か

「今日が自分の最期だとしたら?」

という問い👂を書いたように、

この視点を意識するようにしています。
http://s.ameblo.jp/rinrin1124/entry-12112630731.html

ただね、

一見すると矛盾しているように感じられるかも知れませんが、

有意義に何かを共有したり吸収したりする時間だけじゃなくて、

またそうではない、何の生産性もないようなリラックスした時間も大切だと個人的に感じています。

そう。

どちらの時間も有意義になるもの。

(一見すると無駄なこと無駄な時間も含め♡)

そういえば随分と前の話ですが、以前に
★「いつもブログ読んでますよ。やっぱりこの世はいつでも悔いのないように生きなければいけませんよね。ですから、自分は毎日色々な新しい人に会うように自らを追い込ん名刺交換をするようにしています。無駄な時間は一切ありませんからね」
★「人との出会いは、全てがご縁。だから私はマイナスになる人とはお付き合いをせず、自分にとってプラスになる人とだけお付き合いするようにしています」
↑というメッセージをいただいたことがあります。
確かに、おっしゃっていることは、

ごもっともな部分もありますし、

私自身も普段から似たようなことを

ブログなどで発信してるのですが、

どうしても表面的というか、、

強い違和感を覚えてしまいました。

誤解を恐れずに正直な気持ちを書くならば、

本当の意味での「無駄」や「無用の用」の大切さを知らないっていうか、選択肢の余地がない

感じがしたのです。

この世は、無駄と思えるような経験、

又、しなくても良いと感じる経験や

会いたくもないような人、

相通じることが出来ない人だって

普通に存在するものです。 

でもさ、

それでもその負の部分を知っているからこそ、無駄に思える遠回りをしているからこそ、

その逆の喜びや楽しさを分かち合える人や、

出来事と出会った時の感動が大きい訳で、

心の底から感謝の気持ちが湧き上がってくるもの。

それをね、最初から無駄を省いて、

全てを効率よく人間関係も、仕事も、人生も

合理的に生きようとするのは、

そのこと自体、「ラクして生きていきたい」っていう表れですし、何か臭い物に蓋をするというか、触れたくないものは排除する…というか、都合良く自分の人生を正当化しようとしている感覚があって、

どうしても「そうですよね」と 同調が出来ないのです。

こういう類の人たちの特徴は、

心のどこかに

「影響力のある人の傍にいれば、交流が持てれば自分たちも同じような立場になっている」

と無意識(この無意識が本当に厄介w)に感じて、これまた無意識に、悪い意味での人の見定めをすること。

★「自分にとって有利になる人か、どうか」

★「使える人脈か、どうか」

↑っていう厄介で無意識の損得勘定が全面的に出ているので、こういう空気を感じる時点で、私は完全にドン引きしてしまいます。

私もプライベートでお付き合いをする人たちは徹底的に選びますが、

その基準は、「自分にとって有利になるか、どうか」とか「使える人か、どうか」

という下品な損得勘定からくるものではなく、
★「心が安心するかどうか」

★「喜びを共有できるかどうか」

★「向いている方向が似ているかどうか」

↑っていう魂の喜びに繋がる基準のみです。

まぁ人付き合いの基準も人それぞれですし、

これまた本人がよければいいのかもしれませんが、私は、やっぱ人との付き合い方にも上品、下品があるなあ、と感じます。

そういった意味の前提のもと、

「この世の中に無駄なものなど何1つも存在しない」と思うのです。
この真実を、

生活の1つ1つに当てはめてみると、

意外なほど色々な発見があって、

自らの生活、取り巻く環境、人生そのものが愛おしくなります♡

最後に余談ですが、
昨日の夕方に、少し🈳時間があった私は表参道の上島珈琲に☕️

(上島珈琲のカウンター席にはコンセントがあって🔌スマホの充電がなくなってたから充電して仕事絡みの📧返信を早くしたかったから♬)
そして、上島珈琲で30分ほど休憩していたら、隣に若い男性が(20歳くらいかな)座ってきて「充電器を貸してください」って言う片手に充電器を持ってたので、
私は「目の前にコンセントありますよ」って言ったら、大元の部分を忘れたらしく、私のスマホはだいぶ復活してたから🔌抜いてお貸ししようとしたら、私の使ってる充電器は差し込み口が2口あるので片方を使わせてください、とのことで使って貰ったのだけど、
15分後くらいに私は出なくちゃで、お手洗いに行って帰ろうとしたら、その若い男性が御礼にって上島珈琲のマドレーヌを買ってくれたの🍪驚。
そして「ほんと助かりました!ありがとうございます」って満面の笑みで言われて。
その気持ちがあたたかくって✨
たった15分くらいだったのに、礼儀正しくて笑顔も良く(笑)若い人はすごいなあって私の方が勉強になりました(╹◡╹)

もう二度と会うことはないかもですが、こういう心ある人との出会いは、例え僅かな時間でも同じ時間を共有できたことに、ほんと感動してしまいます。

と、いうことで今朝の朝食は、

マドレーヌいただきましたん😊
美味しさもひとしお( ◠‿◠ )✨

本日もお読みくださり、ありがとうございました。

[cta id="1921" vid="0"]

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)