YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

翻弄される側じゃなく、使いこなしてナンボ

翻弄される側じゃなく、使いこなしてナンボ

こんばんは。

本田裕子です。

今日のお題は、【翻弄される側じゃなく、使いこなしてナンボ】です。

今日、聞いた話によると、
「人生が大きく変わるキッカケは何でしたか?」

↑と世界の大富豪に聞いたアンケートの結果、
TOP 3が

★病気

★倒産

★失恋
だったそうです。

人って辛いことがあると、

大きく変わりますよね。

起こる出来事に意味はなくって

ニュートラル。
そこに、

どんな意味を見出してもOK。

意味を見出していくのは人間だけの特権。

自由。

試練って言われる出来事を、

自分を変えるキッカケに使うか

ただ やさぐれるか

ただ 落ち込んで終わるか。

出来事って使いこなしてナンボであり

出来事に翻弄される側ではなく、

出来事を使いこなす側なので。

★冒頭のアンケートのように、

「逆境を乗りこえ大富豪になりました!」

↑っていう、皆が好きそうな王道のストーリーを
実際に大富豪になった人達は、

その主人公として生きている。
出来事を使いこなし、

又、最大限に活かし、使い倒した感じ。
アッパレ(╹◡╹)♬
ストーリーは脚色でありフィクション。

脚色だから好きに書ける。

辛い、とか 苦しい、って感じる事は、

とっても有難いもので、

エネルギーで見ると

試練のような事が起こらないと

波が起きないから、

とらわれている次元を抜けようがありません。

鳥カゴの「カゴ」の中が快適だったら、

「カゴ」から出ようとは思わないもの。

「カゴ」=何か自分の思い込みが、おかしいのではないか?

↑っていう気づきや疑問が起こらないとそのまま。

私もね、自分好みの「カゴ」を創ってた。
わりと気に入っていた「カゴ」だったのに、

それが気に入らない「カゴ」に変わっていき、

最後には、息苦しいまでになって、、、
ようやく「カゴ」の正体が、

自分の「思いこみ」だと気づきました。

ピンチと思える出来事は、

最大のチャンスの到来。
下がる波が起きないと

上に突き抜けようがないもの🌊

起こる出来事を使いこなす。
それが、

現象の波乗りサーフィン🏄‍♀️(^∇^)

オプションである意味づけやストーリーは

周波数のチューニング♬

鳥カゴの「カゴ」は、

脳の神経細胞みたいなもの。
脳の反応で感情の反応が自動再生されて♬
同じところばっか通るので

同じことの繰り返しになっている。
だからニュートラルに戻して、

ギアチェンジするのがストーリーの役割。

でも、

脳内ストーリーを書いても書かなくても

どっちでもいいんだよね。
大富豪にならなくてもいいし、

大富豪になってもいいんです。

だって、

このカラダが死んだら

このカラダの人生は終わりですから。 

じゃあ、

「ぶっちゃけ、どうしたい?」
↑やっぱ、この問いが1番シンプル♡

命のわたしは、

私が生きることを謳歌して欲しい( ◠‿◠ )

「生きることを謳歌する」には、

好奇心やチャレンジがあってこそ、だと

今は感じています。

まとめますと、

出来事に翻弄されるんじゃなくって、

使いこなしていこう!

波乗りサーフィン🏄‍♀️(^∇^)

↑冒頭の写真は、焼肉屋さんでしたん😉
最後の〆のアイス🍨と。

(おしぼりも。笑)
🍨は抹茶が好き♡☺️

本日もお読みくださり、ありがとうございました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)