YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

セルフイメージを高くすれば人生が変わる、のウソ!

こんにちは。

本田裕子です。

今日のお題は、【セルフイメージを高くすれば人生は変わる、のウソ!】です。

よく↓

★セルフイメージを高くすれば人生は変わる

★成功するためにセルフイメージを高くする必要がある

と、言われています。

これに関して、私は以前から疑問を持っていました。
本当にそう言い切れるのかしら?と。

そこで沢山の人を見てきて気づいたことは、 
やはり、

セルフイメージを高めることは、

重要ではない!ということ。

例えば、

自己開示ができ、リラックスしてて自然体な人は、セルフイメージが高いから、 

もしくは自分に自信があるから自己開示ができ、自然体なのでしょうか?
セルフイメージに低い部分が少なく、身構える必要がないから、

その結果、自己開示ができ、自然体なんでしょうか?
違います!
このような人たちは、

セルフイメージが高いんじゃなくて、

「自己受容感」が高いのです。

「自己受容感」が高いっていうのは、 

自分の長所も短所も、

出来ることだけじゃなく・出来ないこと、

イケてるところ・イケてないところ、

両方どちらも受け入れている、ってこと。

ですから、

セルフイメージを高めるとは、

自分の長所だけを見て、

短所を無視することじゃないのです。

又、「どうせ私なんか××だし・・」

とかって開き直ることでもないんだよね。

短所も長所と同じように認めるということ。

だから私は、

「セルフイメージを高める」というよりも、

「ただの自分を生きる」

という方が好きです。

そもそもセルフイメージとか自信って言葉に私は昔から違和感を感じるんだよね。笑
なぜなら、セルフイメージ(や自信)って言葉にとらわれるあまり悩んでる人が多く、そういう話を聞く度に、セルフイメージとかどうでもよくない?って思ってたから。
無理して高めるハリボテのセルフイメージ(自信)の方が脆いよね。

それよりも、自分の短所や出来ないことを受け入れた方が、内側から感謝の気持ちが湧き上がってくるし、

「自分には、こんな至らないところがある。

それを周りの人に助けて貰ってて本当に有難いなあ」

↑ってなりますから。
本当に大切なのは、

「セルフイメージを高める」より、

「無条件に今の自分を受容する」こと。

 
人生がうまくいかない人ほど、

まず自信を持てるに足る根拠(実績)がないと、自分など誇れない、と思ってるのね。
だから、その根拠を得ようとしてもがく。

必死になる。

結果うまくいけば、束の間の限定的自信が持てる。

(キリがない比較競争により、すぐに潰れるけどね)
でも頑張っても得られない人は、ずっと自分に自信を持てる機会が巡ってこないんだ。
下手すると寿命が来て死んじゃう。。
自信を持てる根拠が得られるのを待っていたら、気が付いたらオババだよ?
「待ちぼうけ」のようなマネは愚かなんだよ。
待ってる場合じゃなくてアグレッシブに今、認めちゃえばいいじゃないですか。
条件なんかいらないから。

…………………………

又、多くの人が誤解している

一般的にすごい人(に見える人)が生み出されるメカニズムはー

★実力、才能、うまくいく現実(原因) → 

自信・自己受容・誇り(結果)
これは間違い。

本当は、こうなんだ。
★自信・自己受容・誇り(原因) → 

実力・才能・うまくいく現実(結果)

そもそも すごい人 とかいないから。

実際、すごくないから。笑
それは、あなたが色眼鏡で見てるから、すごく見えるだけだから。
あ、もし

「すごい人なんていない」って言い方に

違和感があるなら、こう言い換えよう。

「みんな、すごい♡」

私にはね、外に「すごい人」はいません。

素敵な人、ならいる。

面白い人、

一緒にいたい人、ならいる。
「上」はないのです。

私の↑この言葉に反発する人は、

たいてい

「熱狂的にある人物や外にいるすごい人に信奉している人」です。
もちろん、どう受け取ろうと個人の自由だし、反発してもいいのだけど、
 
1つだけ言いたいことは、
「あなた自身が宇宙の中心であり、一番の主役だった」と気付いてほしい。
そして、すごい人さえも、

「あなた自身」だと知ってほしいな。

私は、歌には全く持って自信なんてないけんど、そんなのオッパッピーだ👋笑

感情込めて🎙その気になって歌っちゃうもんね♬(^∇^)☺️w
本日もお読みくださり、ありがとうございました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)