YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

表面的な欲から本質(真のあなた)に戻してくれるハートの声の聞き方

こんばんは。

本田裕子です。

今日のお題は、【表面的な欲から本質(真のあなた)に戻してくれるハートの声の聞き方】です。

まず今日は「心地いい」を別の角度から✏️

昨日、書いたように

「自分の心地いい」の物差しで見ていくことや知っておくのは大事♡
だけど、そこだけにとどまり続けてると世界の広がりが止まっちゃう。
あ、別にそれでいい人はいいんだけどね。
ただ、自分の心地よさにだけにとどまり続けると、「箱入り」の日々を過ごすことにもなりかねない。
心地よさの反対側に連れて行ってくれるような、かっこいい人(性別問わず)が現れたら or 近くに居るのなら、それはもうGO!でしかない。
ここで重要なのは、自分のセンスにそぐわない人には、ついて行かないこと。
「心地よさの反対側」ならばなんでもいい、ってもんじゃない。
アタマが動くかどうかじゃなくて、ハートの声、ハートが動くかどうかが重要。
↑って話を先日してたら、

★「どれがハートの声ですか?」

★「どうやって聞くのですか?」

★「◯◯と思うのですが、これはハートの声なんでしょうか?」

etc… と聞かれました。
「これはハートの声ですか?」って質問は、本当によく頂きます。
それぐらい人間は「思考型」になっているんだなあ、と。

又、「どうすれば良いですか?」

↑というご質問もたくさん頂きます。
★「友人が癌になって苦しんでいるんですけど、どう接したら良いのでしょうか?」

★「◯◯してきて、今はこんな感じです。この後どうしたら良いのでしょうか?」

etc…。
こんなとき、私は、まず

★「あなたは、そのご友人にどう接したいですか?」

★「心の底から求めていることは何ですか?」

↑ってお聞きします。

その人がどうしたら良いかなど、私には一切分からないから。
自分でも自分がどうしたら良いかなど、分からないぐらいなんですから。
ただ、

私は自分が何をしたいかはハッキリ分かる。

そして、その人もちゃんと分かってるはず、なんだよね。
どうしたら良いか?を「頭で」考えてしまうから、分からなくなるんだよね。
又、正解がある、と思い込んでいる人も多いでしょう。
でも、自分がどうしたいか?が、ハッキリすれば、その思いを中心に行動を起こしていけば良いだけです。

(もちろん、先日も書いたように試行錯誤や失敗もあるでしょう。でも中心がずれていない限り、心には大丈夫感があります♡)
なので、

自分が心から望んでいるあり方、

望んでいるものを知らずに、

「どうしたら良いか?」と、人に尋ねることは、どこに行きたいかを言わずに、道を尋ねるようなもの、だよね(*´ー`*)

あ、話を戻します。
ハートの声については、
合っているのか、間違っているのか?と頭で考えないこと。

その上で、

ハートの声のエクササイズを書いてみますね✏️
もし、あなたの欲しいものが、

「安定した生活」であったら、

次に「それが手に入ったら、どんな感じ?」と自分に問いかけます。
もしそれが「安心感」であれば、

さらに「安心感が手に入ったらどんな気持ち、気分になる?」と聞いてみます。
多くの人は、

★「安定した生活」

★「海外で仕事すること」

★「南の島でゆっくり休むこと」

etc…といった認識で終わっています。
なので、引き寄せの法則が流行るんだろうなあ。

(私のPodcastも便宜的に、“引き寄せ”って言葉を使ってますし。笑)
でもね、もう少し深く(抽象度を上げて)見てみると、

本当に欲しいものは、「安心感」や「解放感」「つながり」だったりします。
そして、例えば、本来「安心感」はもともと自分の中にあって、状況にかかわらず手に入ることが見えてくる人も✨
で、もう少し頑張って「安心感」が手に入ったら、どんな気分、気持ちになるか?と更に見ていきます。
もしかすると「平和な気持ち」かもしれません。
↑こうやって、

もう次が出てこないぐらいまで、同じ質問を繰り返すの。
ちなみに私の声は、「つながり」です。

この感覚をよく感じると、自分が解けて消えていく感じになります。
そうやって出てきた「答え」は、あなたを支える土台であり、道しるべでもあり、そしてあなたが一番信頼できる心の声です♡
もっというと、この深いハートの声は、

あなたを表面的な欲求から本質(真のあなた)に戻してくれるでしょう✨

よろしければお試しあれ〜(๑>◡<๑)♡


私は普段、カスピ海ヨーグルトを作ってるんですけど、ちょうど切れて作ってる間に、豆乳ヨーグルトを発見したので、こちらをお試ししま〜〜す( ^∀^)笑♡

本日もお読みくださり、ありがとうございました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)