YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

男の本能を呼び覚ましてくれる存在とは?

こんばんは。

本田裕子です。

今日のお題は、【男の本能を呼び覚ましてくれる存在とは?】です。 

……
どんな女性にも「源泉」が、

もともと「ある」♨️

「いい湯だな☺️」に寛ぐことが大切♡

↑って、わたしは、よく話したり、書いたりしてるのだけど、

今日は、

いただいていた質問にも絡めて、

「いい湯だな」にするには?等を、

もっと具体的に書きたいと思います。

以前にも書いたのですが、

大切なので繰り返します。

「Be=在る」パワーは女性の原理。

それは、

「大地と繋がり、今この瞬間」を味わうパワー。

何か未来の大きなビジョンに煽られ、焦ったり戦いながらゴールを掴もうとするパワーは

「Do=成す」パワーで、これは男性の原理。

男性のパワーは可能性を切り開くけど、女性のパワーがないと地球と繋がらないから、その可能性が現実化することはないんだよね。

そう。
いくら凄まじく行動し続けても現実化しないのです。

もしくは、現実化しても、

それは短命であり、瞬間的な現実化。

持続は不可能。

 

女性は「いい湯」の自分に寛いでいると、心からの喜びだけに自然と身体が動くようになるし、すべてが循環する。

この「いい湯」って、

「どんな自分も認めなさい」とか、

「自分はイケてる」って自分を評価(思い込ませようと)して自信を持とうとするのとは、ちょっと違くて。

評価と許可(OK👌)は違うように、
自分の弱さや醜さを、ただ受けとめることと、その弱さを見せびらかすようにすることは違うよね。

自分というものは、

上を目指して、ひたむきに登れば登るほど、自分は全然大したことないなあって思い知らされることばかりで。笑

ある意味、それを思い知るために、ひたむきに生きてるのかもしれないよね。

だって上には上がいる訳で。

 

でもさ、自分は自分しかいないんですよ。

アホなとこもドジなとこも、不器用なとこも含めて、大したことのない自分こそ唯一無二な存在。

又、生きている限り、少なくとも

わたしたちは間違いを犯すこともあるし、

誰かに迷惑をかけ、

支えられて生きていくしかない。

 

それをどのくらい、自分の中で

評価するんじゃなく、

自分に寛ぐことが出来るのか、だと思うのです。

そもそも「信念」だって、自分に拘って執着するために 使うものじゃないよね。

自分の周りが笑っていられますように
健やかでありますように
喜びが循環、拡大するように
そんなものに使うもの。
そのために自分の心の火を燃やす🔥
それは自分のために燃やす事だから♡

逆にいうと、
自分が健やかで在ることで、自然と周りに影響してるんだよね。

と、また話が逸れてきたので、戻します(^_^;)

女性は、「Be=在る」パワーが増すと、その存在感で物事を動かすエネルギーが身に付くの。

「Do=成す」パワーの男性は、

愛する女性の存在によって

どこまでも磨かれるのです。

男の本能を呼び覚してくれる 

女性によって磨かれるのです。

そう。
愛する女性の心からの笑顔を見たいのです。

つまり、
愛する女性に「応える」ことで、

男性の能力の殆んどは磨かれる。

で、「いい湯だな☺️」の自分に寛ぎ、

喜びに生きる「いい湯」とは、

温泉に例えると分かり易いなあ、と♨️に行ったとき、ふと思ったのです。

いい湯♨️って、

★あったかい
★癒される
★疲れがとれる

etc…色々あるかと思いますが、

まず大事なのが、
その温泉、「あったかくてキレイですか?」ってこと。

それが「無邪氣さ」だと思ってみてください。

無邪氣とは、邪氣のない素直なこと。

その温泉が、汚れてたり、ゴミだらけだったり、あたたかいどころか冷たかったり、殺氣だってたりしたら・・笑

  
あなたは「入りたい」って思いますか?^ ^

あなたの「無邪氣さ」や「素直さ」が温泉の心地よさに繋がります。

そう。
まず、自分の「温泉」をキレイに心地よく、あったかい状態にすることが大切。

それは何で汚れるのか?

それは、邪氣から汚れます。

自分に嘘をついていたり、何かに執着し過ぎていたり、過剰に自分を押し殺して我慢したり・・。

ですから、まず自分に正直で在ることや、そのように行動することで自分が健やかでいられます。

あなたの「温泉」は「あなたにしか」

「キレイ」にできません。

あ、時に、

自分の温泉が汚れたのは「あなたのせい」と相手や外部のせいにしたくなることだってあると思います。

なぜなら、

時に「温泉を汚しにくる人(男女含め)」もいますから。

でもね、

そんな人達にかまっている暇はないのです。

ハッキリ「NO!」と言って、

「♨️出入り禁止🈲」にしていいのです^ ^

だって、
土足のままのキタナイ格好で、あなたの温泉に「あなたがNOと言わず入っていいよ」って言って、汚れたから、「責任とって」は、お過度違いでしょ?

あ、もちろん予想外に「汚される」こともあるでしょう。

わたしの場合を例に出しますと、

わたしは土足でグイグイくる人は苦手です。

“自分の素でオープンマインドであること”と、“親しき仲にも礼儀あり”は違う。

例えば、毎日なにしてるか確認を強要されたり、縛られると窮屈になります。

自分の居心地のいい距離感があります。

近すぎると窒息しそうになります。笑

だからハッキリNO!って伝えます。

昔、女性の知り合いでもいたんですよね。

わたしの全てを知りたいからって、信頼関係を高めたいからって日々チェックしたり他の人と親しくしてたら嫉妬する人が。笑

私は無理!

ですからハッキリNO!って言いましたし、言っても伝わらなかったり、まだグイグイくる場合は、離れます。

窮屈で窮屈で、自分が無邪氣(素直)でいられなくなるからね。

逆に言うと、窮屈じゃない距離感、いちいち強要しなくても深い信頼関係や、絆がある人とは、長〜〜く良好な関係が続いています( ◠‿◠ )

信じるっていうのはコントロールしないこと。

信じるっていうのは差し出す愛のこと。

ダダ漏れの愛のこと。

溢れ出るもの。

湧いてくるもの。

信じるってのは気持ちのいいこと♡

「源泉」って書いたのは、

まさに「湧いてくるので」自分で自分をキレイにすることができるから。

女性は自分で「いい湯だな☺️」とか、

「温泉をキレイにするチカラ」が、

もともと「ある」のだから。

どんな女性でも♡

女性の原理として、

大地と繋がり、今この瞬間」を味わうパワーが、もともとありますからね( ◠‿◠ )

男性はね、「女性でしか得られない癒しや自信」があります。

男性は基本的に「自分で自分を癒せません」

そんな能力は男性には「ない」のです。

あなたの温泉が「いい湯だな☺️」

ってだけで、外で頑張れるのです。

 

嬉しかったらカラダ中で喜びを表現する。

逆に土足の人や、不快な人にはNO!と伝えるか、離れること。

 

素直に♡

素直じゃない人は、

わたしはこんなに我慢した「のに」とか、

わたしはこんなつもりだった「のに」とか、

わたしは本当は違う「のに」とかって、
拗ねちゃうのです。笑

さて、
あなたの温泉は、キレイで心地よくて、あったかいですか?」

Beのパワー(女性のパワー)を使い始めたら、無尽蔵な豊かさの恵みを受け取ることが出来ます( ◠‿◠ )✨

自分に寛いだだけ、存在感で物事を動かしていくことが容易になります。

ご質問に、

「自分の中に水と火の部分を見た」と、

素敵な発見をされていますが、

先日も書いた

「上善は水の如し」のように、

先ほども書いた

「喜びが循環、拡大するように

  自分の心の火を燃やす」ように

自分に素直に♡寛いでいこ♨️☺️

今日も来てくれてありがとう🙏♡

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)