YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

わたしの苦手な人

おはようございます。

本田裕子です。

今日のお題は、【わたしの苦手な人】です。

わたしは、完璧な人を装ってる人が苦手。

わたしも何かが欠けてる人です。

はい。

わたしは凹でございます🐒笑

だから、何か欠けてる人が好き♡

(完璧な人なんていないんじゃないかなあ)

又、わたしはよく「わかりやすい」って言われるのですが、これは単純だからで。笑

なのと、相手を信じてるから、素でいれるのだと思っています。

そう思うと、本当⤴︎感謝の気持ちが湧き上がってくる✨

あ、わたしは友達少ないですけどねw

友達が沢山いるって言ってくる人や、自分は◯◯さんを知ってるとか言ってくる人とは、気が合わないし、永遠に仲良くなれない。笑

そういう人が寄ってきたら、サラッと離れ、さようなら。

……

あと、自分に全く寛げてない人や

いつも自分を嫌っている人と

楽しくコミュニケーションをとるのって、

なかなか難しいね。

なぜなら、そういう人は、
「どうせ私のこと、好きじゃないんでしょ?」

「どうせ僕は、魅力がないんでしょ?」

↑ってのを前提にしてるから。

その証拠を集めたいのだから、

無意識にそういう方向に物事をもってくし、

そういう方向に相手に働きかけちゃうのね。

だから、好意をもって、心を込めて接してても、なかなか伝わらない。

自分に寛いでる人とは

本当スムーズにいくし楽しい。

「ん?そこで、ひっかかる?」

「なぜに、そんなひねくれてとるの?」

ってのがない。

人とうまく関わっていけないって人は、

人が嫌いなんじゃなくて、

相手に問題があるのではなくて、

自分に寛いでないだけ。だと思う。

そして、よくよく話を聞いてると、

自分の欠点を嫌ってるから。だったりするのだけど、欠けてるところが魅力なのだから。

そもそも欠点は無くなりません。

欠点って長所の「表現を変えたもの」

例えば、わたしは、

好奇心が旺盛。

表現を変えれば、

飽きっぽくて計画が苦手。

つまり、欠点と長所は表裏一体。

何かひとつ欠けても、

あなたではないのです。

だから、欠点を無くそうとしたり

隠すことに注力するんじゃなくて、

出していこ。

だって、もう既に

周りの人にはバレてますから。笑

無駄な努力だったね( *´艸`)

おつかれちゃん♡

今日も来てくれてありがとう🙏^ ^♡

[cta id="1921" vid="0"]

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)