YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

「ぼっち」を恥じるな

こんばんは。

本田裕子です。

今日のお題は、【「ぼっち」を恥じるな】です。

新年度が始まり、新しい学校、職場、環境に移られた方も多いですよね。

 
そこで「ひとりぼっち」の相談や悩みを持たれてる方が結構いらっしゃいます。

班分け等で余ってしまった。

昼食が一人。

飲み会に自分だけ誘われない、とかから〜

SNS等で、

どうやら

自分だけコメント等されない。(無反応)

グループが気付いたら皆んな退室していた。
などなど。

それに対して、

「自分から混ぜて~って言えばいいじゃん」 

とか、

「勘違いじゃない?」

とか、そういうのいいから。

……

ぼっちの「わたし」は、

ほんとに恥ずかしいことだろうか?🙄

友達って、ぼっちになるのが嫌で、強迫観念から必死に友達を探さなくちゃいけないものなのだろうか?

友達って、いつの間にかできていくものだと思うのです。

部活だったり、仕事だったり、生き方でも何でもいいのだけど、同じ志を持っていて、いつの間にか自然と大切な友達になっていくもの。

様々な過程で。

あ、何が言いたいのかというとね、

「ぼっち」を避けるために友達を探していると、同じく「ぼっち」を避けるために、

人から寂しさを埋めて貰おうとする人としか友達になれないよ。

志すものもなく、一人になれない人たちと群れるだけになって、逆に面倒なことになってたりする相談も、たまにお聞きするから。

そして、よくよく話を聞いてみると、

本当に嫌なのは、

ぼっちになることではなくて、
「あの人は変わってる」

「変な人」

「あの人って嫌われてるよね」

って思われることだったり、

「友達いない人は、普通に問題あるだろ」とかって、あり得ないことを誰かに言われたとかだったり。

つまりね、

そういう風にレッテルを貼られる自分が

恥ずかしくて、いたたまれなくなるから。

あと、思うのだけど、

「普通」ってなに?

「普通」ってさ、人それぞれの中にある「主観」だったりします。

だから、人それぞれ自分の主観がある訳だし、自分の思う「普通」に他人は必要としないもの。
ましては押し付けるなんて😤
そういうときはね、

「あなたの“普通”に興味ございませんの」

と言ってやって!😏

わたしは、友達も少ないし、

ぼっち好き♡

それを全く恥じていません。

逆に、無駄に群れるのは、

本当嫌いですし、ダメですわ。笑

ぼっちを恥じるな。
ぼっちは恥ずかしいことじゃない。

ぼっちにならなきゃ、本当の友達なんてできやしないんだぜ( ͡° ͜ʖ ͡°)✨💕

そして、

他人に自分のレッテルを貼らせる必要だってないんだよ。

誰もあなたのことを決めつける権利なんてないのだから。

それよりも、

今ご縁のある人と愛情深い関係を育み、人生の喜びを味わおうぜ( ͡° ͜ʖ ͡°)✨💕

今日も来てくれてありがとう🙏^ ^♡

[cta id="1921" vid="0"]

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)