YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

“劣等感”は苦しくない。苦しいのは?

“劣等感”は苦しくない。苦しいのは?

【“劣等感”は苦しくない。苦しいのは?】

「私は頭が悪い」とか、

「私はスポーツが苦手」

っていうのは、単なる「劣等感」です。

これがね、

「私は頭が悪い」→「だから私はダメだ」

「私はスポーツが苦手」→「だから俺はモテないんだ。男として価値がないんだ」

っていうのは、「劣等感」に「自己否定」が混ざっています。

そう、

苦しいのは、「だからダメだ」っていう

「自己否定」であって、ただ単に「劣等感」だけがある場合は苦しくない。

例えば、

私は、前にも何度か書いたことがあるけど、学校の勉強が嫌いだったし、頭も悪く学歴もありません。
学歴ないけど、だから自分はダメだとか、

価値がないとか思ってないから、

苦しくないのです。
だけど、それが上京して一時期、

「だから私はダメだ」って思ってた時は

ほんと苦しかった。

よくね、

「自信がある」ってことについて、

勘違いしてる人が本当に多いのだけど、
「頭が良かったら・・」

「綺麗だったら・・」

「スポーツが出来たら・・」

「イケメンだったら・・」

自信がもてるのに・・って思ってる人って多いけど、
「頭がいい」とか「綺麗」、「スポーツが出来る」とか「イケメン」であることが自信を与えてくれる訳じゃないんだよ。

だって、

「頭がいい人」や「綺麗な人」

「スポーツができる人」や「イケメン」で

自信のない人はいくらでもいるから。

あ、つまり何が言いたいのかというと、

自分が「優れている」っていうことが

自信になるんじゃないんだよね。

自信って、

あるがままの自分を受け入れること。

「この自分でいい」って思えていること。

「今の自分のままでいく」って思えていること。

けっこう前のわたしのPodcastでも話してますが、わたしの知り合いに、デブ、チビ、ハゲの人がいます。
そしてその方は、それらを受け入れて、

ネタにしていたり、

「この自分でいい」と思っているから自信が漲ってるし、実際めちゃくちゃモテます。

(今は奥さま一筋だけど、奥さまがこれまた超〜美しい素敵な女性♡)
 
「劣等感」をまんま受け入れてる人は、自己否定がないから、そのままの自分に自信が持てるんです。

(というか正確にいうと「自信がある」とか、どうでもいいし気にしてない)

まとめますと、

「劣等感」自体は、苦しくないし、悪いものじゃないし、あっていい。 
わたしが「自分を直視しよう」っていうのは自己否定でもなんでもなくて、直視したときに自分を責めたりモヤモヤするんだったら、そこをしっかり観るの。
すると、「劣等感」を悪いものとしてたり、「だからダメだ」って前提にしてる自分、勘違いしてる自分に気づくから。

わたしはモヤモヤした時、自分の中の劣等感を改善したんじゃなく、「このままでいい」って、1つ1つしてきました。

学歴ないのも、そのまんま。

ある意味、開き直りかもだけど、

直視して潔く受け入れる。

(背筋を伸ばして堂々と♡)
けど、優越感を周りに振りかざす開き直りじゃないからね。

なぜなら、

「劣等感」を拒絶して、優秀じゃないと自分に価値はないのだと思い込んでいたり、勘違いしてることが苦しいのだから。

で、どうしても劣等感を

「このままでもいい」って思えないなら、

それはどうしてなのか、自問してみて。

自分を受け入れることは

他人を受け入れること。

ちなみに他人を先に受け入れると、

早い人もいるよ^ ^
色々お試しあれ♡

そして、

背筋伸ばして堂々といこう(*´꒳`*)

今日も来てくれて有難う🙏^ ^♡

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)