YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

生きづらさを感じてる人の共通点。

生きづらさを感じてる人の共通点。

【生きづらさを感じてる人の共通点】

わたしたちって、無意識に生きていると、多かれ少なかれ、自分のことを「いい自分」と「あってはいけない自分」にカテゴリー分けしがち。

例えば、

①「いい自分」は→ポジティブ、明るい、役に立つ、優しい、頑張る、失敗やドジもなくできる自分etc…。

これらを常にすべて兼ね備えた「いい自分」ならOK! そんな自分だったら自信がもてるはず!ってね。

反対に、

②「あってはいけない自分」は→ネガティブ、暗い、役に立たない、ドジる、できない、だらしない、怠ける、ビビる、イラつくetc…。

これらはダメ!すべて無くさなければ!

こんな自分がバレたらダメだと思われるし、嫌われてしまう。。だからなんとかして克服しようとしたり、隠そうとしたくなる。

このようにして無意識のうちに自分の中で、①と②がカテゴリー分け→“分割”される。

自分の中に「ダメ!」があるって、

ものすご気持ち悪くて嫌なもの。

そんな自分なんか見たくない。

(生きづらさを感じてる人の多くは、

無意識にそうなってる)

見たくないから感じないように蓋をして。

つまり、ないことにしてる。

だけど、本当はそれじゃ解決しない。

なぜなら、

ないことにしてることこそが、苦しみや悩みを作り出してしまってるから。

「生きづらくてしんどい」とか、「自分らしく生きられない」という人は、「ないことにした自分」ってのが沢山ある人。

「常にいい自分でいなければ!」が強すぎて、完璧にしようと頑張りすぎの人。

そうすると生きづらくなります。

「常にいい自分でいなければ!」って力めば力むほど、そうじゃない自分が許せなくなるのです。

ああ、こうなると自己嫌悪地獄。。

あってはいけない自分(=ないことにした自分)に、自分が脅かされてる状態。

これが生きづらさや苦しみの元。

じゃあ、

どうすればいいん?🤔っちいうと、

やはり、自己受容なんだよね。

どんなに小っちゃくても、醜くても、自己中で最低でも、そんな自分を、まるごと受け容れて光を当ててあげること。

「いていいよ」って言ったり、軽く笑い飛ばして、愛してあげること♡

ないことにしようとしていた あらゆる自分のパーツに居場所を与えて、いいとかダメって分けないで、フラットにあるがままにさせてあげること。

そもそも、いいとかダメとかってカテゴリー分けする前に、両方あっての自分で、元々は1つで全体なのだから。

で、そこにいても大丈夫だったことを体験・体感していくと、生きづらさが自然となくなり、めちゃ楽しくなるし、もっというとこれはほんと面白いのだけど、周りも表面的な人は去っていき、深く繋がれる人だけになります♡

わたしもね、若い頃は完璧な自分を目指してた時期があって、自分にダメ出しするのが得意だったときは、なんだか窮屈だったなあ🙄

あと、昨夜新たに気づいたことがあってね、

個人的なことだけど、わたしは3月いっぱいで、ずっと土日に入れていた個人セッションを終了したのだけど、昨日は昼まで寝てて、ダラダラして、まりんと遊んで、半身浴して夜に食事しに出ただけの何にもしてない自分に一瞬「そんな怠け者でいいん?」って思考が無意識に出てきて、それに気づいて「ワッハッハ(^o^)」って笑っとりました^ - ^

たくさん寝てダラダラして怠け者で、最高に気持ち良かったのに、思考の声は軽やかにスルーでいいとです☺️

てか、怠け者な自分もいい♡笑

ということで、片手にアイスを持ったまんま🍨しだれ桜と🤳(^∇^)🌸

今日も来てくれて有難う🙏^ ^♡

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)