YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

私のステムビリーフ

私のステムビリーフ

前略もみじこんばんは(*^^*)

早速ですが昨日の記事に少し書いた
自分の深いところを探求する旅の続きを
今日は書きたいと思います(^.^)♪

昨日に記事をまだご覧になっていない場合は、
こちらから見ることができます!
(参照:ビリーフは幻想であり、次のステージにあがるチャンス

昨日のまとめにも書きましたが
【制限となるビリーフ(思い込み)は幻想であり、次のステージにあがるチャンス】
という事で、
数々の制限となっているビリーフ(思い込み)をみつけ、
ステムビリーフっていう根っこ(おおもと)をみつけていくのですが、
私の無意識というか気づいていない深い深いところなので、
中々でてこないのです(´Д`)

途中でループ(@_@)して、
苦しいし痛いしもぅこれ以上でないし無理~
って何度か思いました(ノд<。)゜。

でも最後は涙ながらに吐き出す事ができましたDASH!ポンε=┏(~ヘ~;)┛DASH!

ヘタレりんベル(笑)

難産の末、
でてきた重た~い子(ステムビリーフ)が、、
【価値のない私は産まれてこなければ良かった。】

↑こちらでした。

これが根っこ(おおもと)になってたみたいです(^人^)苦笑

ぶどうに例えるとステムビリーフは茎の部分で、
それに付随して出来上がった数々のビリーフ
→ぶどうの実として見ても今までを振り返っても納得しちゃいました(^_-)

私の場合だと、
『頑張らなくちゃいけない』
『迷惑をかけちゃいけない』
『心配かけてはいけない』
『親を泣かせてはいけない』
『私はダメな子だから心配をかける』
『私はダメな子だから価値がない』
『頑張らないと認めてもらえない→認められて親に喜んで欲しい』

こんな↑ぶどうの実たち。

ただ、
このビリーフを持っていた肯定的な意図が沢山あったのです( ´ ▽ ` )ノ

頑張らなくちゃ!が頑張る原動力になっていたり、
これによって自分の存在や
価値を感じれて自信にも繋がっていたので
今まで有難うって感謝して手放してきましたヽ(・∀・)ノ”バイバーイ( ´∀`)/~~

仲間に
『ゆうこりんが人を喜ばすのが好きだったのは、このビリーフを持ってたからなんだね~』
って言われてハッとしたのが
私は相手を喜ばしたかったんじゃなくて、
自分の存在や価値を感じたくてしてたんだー(笑)ウホホヽ(´▽`)/汗

何か自分に爆笑しちゃった(*´艸`)

新しい力づけのビリーフに書き換えた今では、
自分で言うのも何やけど、
可愛いな~ヾ(・ε・。)って思って(笑)

もう大丈夫やけんね~って言ってやったとバイヾ(=^▽^=)ノ

以前ブログでも2011年ごろの
アメンバー限定記事にて長々書いてますが(^o^;)

『母は私のせいで病気に(T_T)』って書いてある目

端折って書くと
私を出産する時に
意識不明になり大量に輸血したのが原因で
C型肝炎に…。

私を産まなかったら、
病気にならなかったのにー!
って無意識!?なのか分かんないけど
幼い頃から自分を責めていたのかもしれません
(ビリーフは主に0歳~7歳の間に出来ると言われています)

それが根っこの制限のビリーフにあったから
今年のブログ記事にて勇気を振り絞って
封印してた事を暴露しちゃいましたが、
急に強烈なブレーキがかかって
必死に自分を守ろうとして動けなくなったんだと思います(^人^)

一昨日、
記事『不偏の変化のサイクル』でいうと
私は【カオス】の時期で次のステージに上がりたいのに、
しがみついてた状態。

まさに気づいた時がチャンスですから、
このブログを読んで下さってる方にも、
それぞれにサイクルがありますので、
どうか焦らないでください!

ちょっと気になるメッセージを幾つかいただいたので目(^o^;)

制限のビリーフは単なる幻想で敵じゃないけんね!(*^^*)!ラブラブ

あと、
ポンとか書いてますが素晴らしい仲間、
お昼も食べずに
全力でサポートして下さった愛溢れるトレーナーのマッキー先生、
アシスタントトレーナーの方々、スクールの方々なくして、
できなかったです!!

心より感謝です(〃▽〃)キラキラ

仲間も皆ポンDASH!できて最高だったし、
教室中が愛に包まれて1つになったって私は感じました(*^^*)

そして、
私自身トレーナーを取得してからの意図も明確に(o^o^o)

有難い~キラキラ頑張るぞ~アップ
(頑張らなくちゃ!じゃないよ(笑))

本日もお読みくださり有難うございました!

【Facebook】facebook.com/yuusuke.kida.96

りんりんベル

[cta id="1921" vid="0"]

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)