YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

自分がどう在りたいか、どう生きるか、何を大切にする

自分がどう在りたいか、どう生きるか、何を大切にする

こんばんは(*^^*)

“自立したい女性”を応援するコーチ”本田裕子です。

今日のお題は【ジャッジ】です♪

昨日の記事に私は、『物事を客観的にみるようになって、無駄なジャッジがなくなった』って書きましたが、今日は、ジャッジされる側の視点から書きたいと思います。

まず、人がやっていることに対して、とやかくジャッジしてくる人っているんですよね~(・・)ノ

言ってる本人は、悪気はないと思うのですが、言われた方としては、マイナスな感情が湧き上がることもあります。

ちょうど相談いただいた内容を例にすると、ダイエットを頑張ってる人に対して、
★『水をそんなに飲んだら体に悪いわよ』★『痩せたかもしれないけど、顔がしわっぽいわ』★『食事はバランスよく食べないとかえって太るわよ』★『顔色が悪いわよ』↑etc..の言葉に心を痛めているのです。本当にほっておいて欲しいですよね・・Ψ(`∀´#)私も、ブログの記事に関して毎日のように、★『今日の記事は良かったですよ』とか★『今日の記事はイマイチですね』↑等のメッセージをいただきます♪

まぁ私の↑上記の件の場合は、マイナスな感情はなくニュートラルに『そうなんだぁ~♪』って感じなので、特に問題ないのですが、人は、自分の発言や行動、考えまで、いつも誰かにジャッジされているとしたら・・想像するだけで、苦しくなりますよね。。

そして、すべての人に理解されよう、いいジャッジを貰おうなんてそんなことは、有り得ないことです。『気にしない、気にしない』って想ってはいても、いろいろ言われると気になるのが人間。

でもね、そこにはまってしまうと罠。

自分の軸がブレブレになってしまうあせる

そこで、オススメの解決策として、
★人の意見は『ふ~~ん。そうなのね~。』っていうスタンスで受け取る。★一人になって落ち着いてきたら、自分の信念と照らし合わせる。★信念と合うところは、取り入れる。または参考にする。★合わないことは、却下。忘れる。もう過ぎたことだわって視点を持つ。

私は、『自分がどう在りたいか、どう生きるか、何を大切にするか、』っていう信念は大事にしたいと思います。

更には、『誰かが我慢したり、服従する関係だけは嫌だな』って強く思います!

みんな幸せに楽しく生活する権利というか、義務がありますもんね!(*^^*)

本日もお読みくださり、ありがとうございました!

[cta id="1921" vid="0"]

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)