YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

書けない?それはワクワクのイメージ(思考)とハートの声の違い

おはようございます。

本田裕子です。

今日のお題は、【書けない?それはワクワクのイメージ(思考)と、ハートの声の違い】です。

最近、ブログに関する相談が増えてきました。
どんな相談かというと、
「ブログを書こう!」って思うのだけど、
ん?・・・書けない・・・
手が止まってしまう・・・
↑という類のもの。

そもそも何か書きたい!っていう情熱というか衝動があるのか、
それとも今の時代は情報発信した方がいい、とか何か書いたほうがいいって言われてるから、なんとなく…なのか、
↑でも大きな違いがありますよね。

もちろん、書けない理由は1つじゃないけど、多いパターンとして「自分が一体何を求めているのか?」が、ハッキリしていない、というのがあります。

自我は、基本的に思考型で、今に満足しておらず、先回りをしたがる傾向があるのです。

そう。
つまりね、
こうなりたい(未来)というイメージに引っ張られがち。

例えば、
「あんなふうにキラキラしているブロガーさんになりたい」
「あの人は、ランチ会やお茶会に沢山の人集まって楽しそうだ。私もああなりたいな」
↑etc…。

そうなるには、
みんなの共感を得る記事を書くべきだ・・
みんなを楽にする 癒す記事を書くべきだ・・
↑と、ハウツーに意識がいってしまう。。

で、
パソコンの前に座ったりスマホを手に取ると、
う~ん、何を書いたら良いか分からない・・・。

この場合、当然何を書いたらいいかなど全く分からないでしょう。

なぜなら、
意識が、“みんなが共感する”とかって、
“みんな” にばかりあるから。

“みんな” って一体誰?
これは非常に抽象的で、捉えにくいもの。
なので、
“みんな” を対象にしたとたん、迷子になる。

するとね、
30代の独身女性とか、
ある程度客層を絞れば良いのだとか、
アドバイスをくれる人もいるかもしれません。

なるほど~💡と、
30代の独身女性が何を求めているかを考えてみる・・・。
これも多分、うまくいかない可能性、大です。
やはり、これも意識が自分ではなく “外” にあるから。

あ、いやね、マーケティングやツールを否定しているんじゃなくて、
何が言いたいかと言うと、
こんなふうに意識が内側にきちんと向かず、
イメージばっか先行してツールが重要だ!
と思ってしまった場合、
たいてい地に足が着かずにフラフラしてしまうってこと。

★「私は~~をやりたい」
↑という一番大切な土台がないからです。

“みんなが~” とか、
“30代の独身女性が~” ではなく、
「私はこれを書きたい」「私はこう思う」という土台。

私はこう思うから、こう書きたい、終わり。

共感してくれるかどうかなんて、どうでもいいし、最初から狙うものじゃなくて後からついてくるもの。

たまにね、
コーチやセラピストになりたいという人に、
“人の役に立ちたいから” という人がいます。
が、正直わたしは、
う~ん、って思ってしまいます。

だって、人の役に立てる職業は山ほどあるし、なんだか漠然としているから。
“人の役に立っている自分” っていうイメージに引っ張られていないかなあ、って。

もしくは、
とっても多いのが、
“人の役に立っている自分になれたら自分を好きになれる”
↑っていう飢えた思いや欠乏感からくるもの。

ハートの声は、
飢えた気持ちや欠乏感が一切なく、
“今” ただ興味がある、ただ好き、ただやりたい、ものだから。

一方、
イメージは、たいてい未来にあります。
今 目の前にあるものや、今 やっていることを、わざわざイメージしたりしないよね?

または今と違う状態。 
今はそうじゃないけど、
“成功している自分”とか。
やっぱ未来ですね。

これって、先ほども書いたけど、
自我の「先回りぐせ」です。

先にこうなるために今がある、
将来こういう自分になるために今これをやる・・・みたいな。

…………………………
↑このようなことを先日、話していたら、
「じゃあ、将来小説家になりたいからライターの学校に通うのはどうなんですか?」 
と聞かれたのですけど、

その場合、例えば、
★みんなを感動させる小説を書いて有名になりたいというイメージが先行しているのか、
★理由はないけどなんか書きたい、自分の中にあるものを、沸いて来るものをただ表現してみたいということなのか、
ですね。

キラキラしたイメージ、ポジティブなイメージは、一見あたかもハートから出ているように見えるかもしれません。
それこそワクワクするかもしれませんし、楽しい感じがするでしょう。

今までずっと思考中心でイメージを追ってきた人ほど、ハートの声とキラキライメージの区別が難しいかもしれません。

でも、ハートの声はいつも「今」にあるの。
それが大きな違い。

「今」やりたいことはあるの?ないの?
「今」何か惹かれるものはあるの?ないの?
あってもなくても、どちらでもいいのです。

大切なのは、
ハート(生命)に戻ること。
すると、いつか何か現れてくるでしょう。

ということで、
★「結果(イメージ)→ツール」 
という発想から、 
★「ハート(の声)ツール→結果はおまかせ」
というパターンは如何でしょう?

もちろん、1つのご提案にすぎません。

わたしは、こちらの方が断然に合ってる♡
それに伴って結果も全然違う⤴︎( ◠‿◠ )✨

そしてブログに関して言うなら、
最初はわたしも頭こねくり回してたし、笑。
でも、今は衝動でしかない。 
これは書き続けてきて変わってきました。
だから好きに書いたらいいと思います。
そもそも人は見てないから。笑
しばらく書き続けてみて、違ったらやめたらいいし、ね(╹◡╹)✨

他のことに関しても以前は違くてね、
それこそ自我の先回りぐせで何だか窮屈だったなあ。笑

ビジョンボードとかもね、多くの人が自分の衝動ではなくって、世間の価値観や他人から見た自分を描いたりしてるよね。

そうじゃなくて自分。
頭じゃなくハートの情熱や衝動だと、
抽象的なものから自然と具現化していく。

やっぱハート♡

創造の源は今にしかなくって、そこは生命というものを生み出す発露だから。

本日もお読みくださり、ありがとうございました。

[cta id="1921" vid="0"]

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)