YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

今の時代が蝶になるチャンスの理由

今の時代が蝶になるチャンスの理由

おはようございます(*^^*)

“自立したい女性を応援するコーチ”本田裕子です。

今日のお題は【今の時代が蝶になるチャンスの理由】です♪

はい。

前回の記事で、私は根本的な変容をお伝えするのに、芋虫→さなぎ→を経て蝶になることをメタファーとして使いました。

そう、

芋虫はさなぎを経て、蝶となり世界へと羽を広げます。
芋虫は自然の摂理のまま生きていますから、蝶になることを嫌がったりする芋虫はいませんよね。

もし、芋虫が人間のような知能を兼ね備えていたら、蝶になることを拒む芋虫が出てくるかもしれません。
なぜなら、蝶になるには、さなぎのところで芋虫だった自分をドロドロに溶かすという過程が欠かせない訳ですが、知能を持つことで今までの自分がドロドロに溶けて無くなってしまうことに恐れを感じるかもしれないから。

まさに人間がそうですよね。

今までの自分をドロドロに溶かして解体する過程を、蝶への変容のためだと、どこかで確信してる人は拒むことなく、さなぎの時期を過ごせます。

でも、多くの人はそこまでの変化を求めていなかったりします。

さなぎの時期を超えると蝶になるのは分かっていても、芋虫の自分にもヌクヌクとした心地よさがありますから。

そう、
分かっちゃいる…訳です。笑

ただ、人生は時として、根本的に変わらざるをえない状態に追い込まれることがあります。

私の知人は、

長年勤めていた会社を昨年、ようやく辞めることが出来ました。
その方は、この職種は自分には合わない、そして会社の労働体制も非常に悪く、いつかは…って、ずっと思い続けていたらしいのですが、ある事がキッカケで辞めることができたのです。
それは、ついに身体を壊してしまったから、です。

もしも労働体制だけでも順守されるような会社だったら、我慢していまだに勤めいたと言っていました。
会社を辞めることも恐怖だったし、自分に合わない仕事や辛い労働体制ではあったけれど、それだけだったら、わざわざ長年培ってきたものを手放す気にはならなかった、と。
絶望的な状況で、芋虫が蝶になるくらいの変化をするきさなかったから、辞めるしかなかったようです。
そして会社を辞めたおかげで、蝶になった自分で→心から打ち込める今の仕事に出会えて時間を忘れて仕事をしていても楽しくて仕方なく、9月に起業する準備を進めていると、イキイキして言ってました。

私自身も20代前半の婚約中の時に、何度も別れたいと思って婚約破棄を三度しましたが、

相手の条件も良く(最低①。笑)鳥籠の中の鳥だったけど優しかったし、その時は自立する自信もなく、ぶっちゃけ、いい生活を送っていたので(最低②。笑)自分の感情にさえ蓋をすればいいと我慢していました。
ですが、最後はカラダに症状が現れて、一緒にいると食事が喉を通らないところにまできた時に、「限界だな」と気づき決心しました。
めちゃめちゃ怖かったですけど、手放してみたら信じられないような素敵な世界が待っていました✨
そして、がむしゃらに前に進んでると、自然と協力してくれる人や応援してくれる人に恵まれました。

そう、

今の日本は豊かですから、戦時中と違って、自分の生きたいように生きられるのです。

だったら、思いっきり楽しく生きた方がいいよね(*^^*)

環境だって自分で決められるのです。

(ひと昔前なら不可能だったのが、現代はチャンスだらけです💡)

蝶になるのは自然の摂理。
あなたがあなたで在る、

これも自然の摂理です。

もちろん昨日から強制してる訳ではありませんが、どんどん既存のシステムを破壊して楽しくいこう!

楽しい人生を送りたい人は、昨日の書籍は本当オススメです。

又、私のコーチングも、

より欲深く、美しく(内面外面)楽しく生きるために、ドロドロになるサポートもさせていただいてますが、想像以上に恐くないですから、ご安心ください。

(3月〜の受付を間もなく開始いたします)
蝶になったとき、本当の豊かさや可能性が広がっていく。

-それを、何人もの方々が体験してきました。

そして、根本的な変容の場を必要としている人たちが、これからさらに増えていくだろうと実感しています。
本日もお読みくださり、ありがとうございました!

[cta id="1921" vid="0"]

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)