YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

従順なだけの女になるな

おはようございます。

本田裕子です。

今日のお題は、【従順なだけの女になるな】です。

私は、よく「素直に♡」って書いてますし、「素直さ」が大事だと言っています。

松下幸之助さんは、

「今日も一日、素直でいさせて下さい」と、

毎朝、太陽に向かって拝んでいたそうです🌄

  

 

“ひねくれ(傲慢さ)は、最大の愚かさ ”だと私は常々、思っています。

よく誤解される方がいらっしゃいますが、

「素直」とは、「従順」ではありません。

そういえば先日、私は自分のインスタに↓
……

「大切な人を大切にする」ってことは、

大切な人が大切にしてること、してるものを大切にすること。
当然だけど、全リスペクト♡
大切にしないと、大きく切れていくよね。
……

↑と書きました。

すると、

「大切な人の全てを大切にするというのは違うような気がします。好きだから従順になれは、どうかと…」というコメントをいただきました。

私は「従順になれ」とは、どこにも書いてない訳で、笑

逆に「従順なだけの女になるな」と、

少し前に、よく話してたぐらいなんだよね。

まず大前提として、

良好な人間関係を築き続ける上で、

又、共に良い影響を与え合って、

成長できる人間関係の基本中の基本は、

お互いのリスペクトからです。

どちらか一方だけ、なんて当然だけど関係が続く訳ないよね。

共にリスペクトしてるからこそ自分の意思を伝えられるのです。

私は、リスペクトできる人じゃないと好きになれないし、一緒にいれません。
 

だいたいからして、惚れた女(男)をリスペクトできない男(女)なんて、そもそも人間的な魅力を感じないと思うんだよね。

私は、その人の心や魂が大事だと思ってるから、以前にも書いたけどホームレスでも仲良くなるし、逆に社会的な地位や立場とか関係なく、自分の意思や意見の芯のところは自分に正直にハッキリ言ってきました。

それが災いしたのか、

何故か更に信頼して貰えたり、

長年、お互いをリスペクトする良好な関係を築かせていただいています。

(そういえば、あの某おじいちゃんも、

「お前のその根性がいい」って言われたんだったわ。笑)

結局さ、

いい子になろうとして従順のフリしたり、

ワガママを言えない女が
後々めんどくさい女になるんだよね。

あ、ここでもう1つ💡 

先日のブログで「可愛いワガママ」に関して質問をいただきました。

可愛いワガママと、そうでないワガママの違いは何ですか?と。
 

簡単に言うと、

(わたしの主観ですが)

・相手をリスペクトした上で、自分の主張を
伝えようとするのは可愛いワガママ。

 

・伝える努力もしないで、
「それくらい言わなくてもわかるでしょ」というのは、可愛くないワガママ。

・感謝と敬意を素直に表現するワガママは可愛いワガママ。
・「それくらい当たり前」って思ってたり、逆に、ものわかりがいいフリ&いい女ぶって、我慢してストレスを蓄積して、ある日突然あり得ないタイミングで爆発させるワガママは可愛くないワガママ。

・素直で正直な計算のないワガママは、
可愛いワガママ。
・腹黒く嘘のある計算的なワガママは、
可愛くないワガママ。

あ、話を「素直さ」に戻します。

他人からアドバイスをもらっても、

「素直な人」は、それを活かせるけど、

「ひねくれている人」は、活かせません。

ここで、

「ひねくれている人」って具体的に、どんな人かというと、

自分の本当の気持ちに、フタをしている人 なんだよね。
じゃあ、なぜ、自分の本当の気持ちにフタをしてしまうのか?
それは、

・「他人の目」を気にして、

・「罪悪感」を感じながら、

・「優等生感(劣等感)」が強く

・ひねくてれいて、傲慢で

・「義務感」で行動してるから。

まず、「自分の気持ち」に素直になれないのに、「他人の話」に素直になれる訳がありません。
そして、ひねくれている人ほど、

自分の「素直な(本当の)気持ち」を自覚していません。
なぜなら、

自分の「素直な気持ち」に従って生きているのではなく、
「目先のネガティブ感情を避ける事」が、

その人の行動の指針となってきたから。

そう。
自分に対しても、他人に対しても、

“目先のネガティブ感情を避ける ”

それが、最優先の行動の指針になっちゃってるの。

だから、大局的な視点も持ってない。

そういう人は、

「自分の本音・本心を素直に感じ取る!」と、決意を持たないと、永遠に変わらない。

「自分の気持ち」に素直にならなければ、

自分が何を求めているのか?もわからないもの。
自分の好みもわからないのに、

自分の好みをオーダーすることが出来る訳ないよね。

他人の目を気にして、

罪悪感と義務感を感じながら、

自分がオーダーした人生では無く、

他人がオーダーした人生を永遠に生きるハメになっちゃいます。

私は素直なので、

(自分で言う♡笑)

例えば、

「ケーキが食べたい!」と言う人に、

ケーキを持って行きます。

でも、

「実はケーキは食べたくない」と言いだしたりする人がいます。

「じゃあ、なんでケーキが食べたいって言ったの?」って聞いたら、
・嫌われるのが怖かった

・皆そうしてるから、自分もマネしてみた

・そう言った方が褒められると思った

etc…そんな理由が飛び出してくる。。。😲

 
ケーキを持っていった私としては、

「はぁ?」って感じなんだよね。笑
「いやいや、自分が本当に欲しいモノを注文してよ」って。笑

これは最近、知り合ったというか、ある仕事で少しご縁のあった人との実話でした。
(自分と同じような人って多いと思うから、良かったらブログに・・ということで、早速書いています☺️)

いやね、その人が悪いって言いたいのではなくてね、今までそうやって生きてきたので、

完全にクセになって染みついているだけ、なんだよね。
だから、本人も自覚がないだけに厄介w

まず、
自分の本心を自覚しなければ、

「自分の理想など、手に入る訳が無い」ってこと。

長くなったので、次回は、

この「クセを治す上で忘れがちな大切なこと」について、書きたいと思います。
 
ということで、自分に素直になると、

従順なだけの女になる訳がありません。

かと言って、

ひねくれる訳じゃないので、

お間違いなく♡

本日もお読みくださり、ありがとうございました。

[cta id="1921" vid="0"]

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)