YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

自惚れの正体

自惚れの正体

こんばんは(*^^*)“

自立したい女性”を応援するコーチ”本田裕子です。

今日のお題は【自惚れの正体】です♪

「自分の軸を持つ」↑言い換えると、「自分を安売りしない」これは、私が大切にしている価値観でもあり、また色々な女性からアドバイスを求められた時に必ず言っていることでもあります。

繰り返しになっちゃいますが、「自分を安売りしない」って本当に大切です。

ですが、高飛車になるのは単なる「自惚れ」矛盾してるようですが私は自分のことをよく「ヘタレ」って言ったり、書いたりしています。

これは本心で、自分の欠点や弱点を認められるようになったからこそ、周りの方々への感謝や大切心が更に沸き起こってきました。

あ、今日は「ヘタレ」をオススメしている訳ではないのですが・・(^^;)

自分は特別であるという意識は、周りはすべて自分を中心に動いているって勘違いしているのだと思うのです。

そう、「自惚れ」の正体は「恐れ」です。

そこには、人と比べて優位に立っていなければ自分の価値はないんじゃないか、っていう「恐れ」があるのですね。

「私は可愛いし才能もあるし、特別なの」っていう「自惚れ」は、「特別意識」があって、自分が1番重要な人だと思い込んでいるから、「あなた(男性)は私に、どれだけのことをしてくれるのかしら?」と、くれくれ聖人になっちゃう。。

そうするとね、どういうことが起こるかというと、周囲は無意識レベルで、ものすごいプレッシャーを感じちゃうんですよね。

無意識では「なんかよく分かんないけど、この人と一緒にいると疲れるわぁ(^_^;)」てな感じに・・。

これって、どういうことかといいますと、「私は自分で自分を愛することができない」=「私にちょうだい」いや、分かるんですよ。

私も若い時は、「して貰って当たり前」みたいなイタイ女だった時期がありますから…(^^;)汗

誰だって人から認められたい、愛されたい、って思っています。

昨日も書きましたが、そもそも人間には好不調の波がありますから、疲れ気味の時なんかは、「癒してもらいたい」とか思いますもん。

ですから、大切なのは、「あ、今くれくれ聖人になってない?」「あ、今、エネルギーを奪ってないかな?」って視点で、自覚することだと思います。

そして、逆の立場で相手が、くれくれ聖人になってる時も、それが相手の人格だと否定するんじゃなく、今たまたま不調なのかな?って、相手の背景を想像する気持ちを持つと、イライラしないですよね(*^^*)

ここで大切なのは、人と比較する不要なプライドを手放して、誇りを手に入れることです。

誇りはね、揺らがないんです。

なぜなら人と比較してる不要なプライドは、他の人を基準にしていますが、誇りは自分を基準にしているからキラキラ

誇りは、自分自身への信頼だから、周りに何を言われても気にしないし、他の人との比較をする必要がなくなります。

愛のエネルギーはね、どんなに使ってもなくならないんです。

愛せば愛すほど、どんどん内側から溢れ出てくる。

だから、自分へも他人へも奪うんじゃなくて、与えていきましょドキドキ

本日もお読みくださり、ありがとうございました!

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)