YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

主体性に 意識的に 生きること。

主体性に 意識的に 生きること。

【主体性に 意識的に 生きること。】

世間や周り・外野は、いろんなことを言うし、価値観や捉え方だって人それぞれ違う訳だし、いまは情報も氾濫してるよね。

そうなると、やっぱ主体性に生きることや、自分の腹の声に従うことが大事だとわたしは思っていて。

これは前にも書いたけど、あなたの人生を他の誰かが代わりに生きることはできないし、
すべての人に納得や理解をしてもらおうなんて無理な話だし、もっと言うと、すべての人に好かれようなんてのは愚かだと思う。

今日は、これに関する2通のお便りをいただいて、わたしの主観や感じたことを書こうと思います。


……
「愛」の概念だって人それぞれ。

わたしのことを「愛がある」という人もいれば、「愛がない」という人もいます。

例えば、昨日の記事の感想や捉え方だって人それぞれで、「まだ子供のまりんちゃん🐶を連れ回してかわいそう」というコメントもありました。

それでいいのです。そしてどうでもいい。
読んだ人が何を感じようと、その人の自由ですし、こちらはコントロールできませんから。
(自分が満たされてないから人をけなすことでしか発散できない人もいますしねw)

わたしは自分のことを「愛があるわ〜」って思ったことはないけれど、(そもそも性格悪いし。笑)その性格悪いのも含め、自分のイケてない部分や凹な部分を受け容れ、誰に何を言われても自分の味方でいる覚悟をしたら、他人も自然と受け容れられるようになり、わたしの世界は優しい世界になり、外野が気にならなくなりました。
(見ず知らずの人から何を言われようと、わたしの人生に関わりのない人だしね)

そして、自分の腹の声に従ったことは、どう転んでも腹が決まっているから、迷うことは一切ないです。
(アタマの声に反応してるときは迷う。笑)

わたしは、自分の中から湧いた想いを、
ただ感じて、ただ気付いてるだけ。
(アタマの反応も)

誰が何を言うかより、
今 どんな反応をし、
今 どんな想いが湧いているのか?
を大切にしてる。

そう、
他人が何をしたかとか、他人の意見より、
あなたはどうなのか? あなたの腹の声は?
の方が、あなたにとって大切なこと。

そうして意識的に生きれば生きるほど、不要な固定観念や、自らを縛りつけていた不要な思考癖がなくなり、ハイヤーセルフと深く繋がります💞

……
最後に、イソップ童話のロバの話をシェアします💁🏻‍♀️

ろばを飼っていた父親と息子が、そのろばを売りに行くため、市場へ出かけた。
2人でろばを引いて歩いていると、それを見た人が言う、「せっかくろばを連れているのに、乗りもせずに歩いているなんてもったいないことだ」。なるほどと思い、父親は息子をろばに乗せる。しばらく行くと別の人がこれを見て、「元気な若者が楽をして親を歩かせるなんて、ひどいじゃないか」と言うので、なるほどと、今度は父親がろばにまたがり、息子が引いて歩いた。また別の者が見て、「自分だけ楽をして子供を歩かせるとは、悪い親だ。いっしょにろばに乗ればいいだろう」と言った。それはそうだと、2人でろばに乗って行く。
するとまた、「2人も乗るなんて、重くてろばがかわいそうだ。もっと楽にしてやればどうか」と言う者がいる。それではと、父親と息子は、こうすれば楽になるだろうと、ちょうど狩りの獲物を運ぶように、1本の棒にろばの両足をくくりつけて吊り上げ、2人で担いで歩く。
しかし、不自然な姿勢を嫌がったろばが暴れだした。不運にもそこは橋の上であった。暴れたろばは川に落ちて流されて死んでしまった。

↑Wikipediaより
(あらすじコピペしましたw)


おわり。
……

今日も来てくれて有難う🙏^ ^♡

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)