YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

私事の忘備録。

私事の忘備録。

【私事の忘備録】

私事ですが、実はまりんが4日連続で吐いていて🐶昨日の朝は元気がなかったので、昨日の朝一でかかりつけの病院に連れて行き、血液検査をしていただいたら、

ピンクの印がついている「アンモニア」の数値が正常の倍くらいあったから、念のため、「肝性シャント(門脈体循環シャント)」の疑いがあるかも⁈とのことで追加で採血をして、(その結果は今日わかるとのことで)昨日の朝の時点での症状(食欲がない・嘔吐)の処置をするのに背中から点滴を打って吐き気を治す薬やニンニクやビタミンの点滴を投与していただき、高栄養の缶詰めをいただいてきました。

その後まりんはお水も一滴も飲まず、ご飯も食べれてなくて動くのも辛そうだったから、昨夜はリビングでまりんと寝よう思って、夜中にパソコンやスマホでまりんの症状とか色々調べながら、ちょくちょくまりんを見てたら、まりんも熟睡できていない感じで(目は開けているけど虚ろな感じで)途中、何回か痙攣もしていて、意識もボーっとしていて少し話しかけても無反応でした。

(夜と夜中に2回ほど救急に電話もして、念のため質問や話を伺った結果、夜中に連れて行くのはやめて悪化したらすぐに連れて行ける準備だけして様子を見てました。)

……

そして今朝、朝一でかかりつけの🏥に連れて行ったら先生が真剣な表情で「大切な話があります」って言われて、まりんが昨日追加で検査した血液検査の結果が悪く、緊急を要するということで(“総担汁酸”っていう数値が通常の10倍以上あって、先生から「まりんちゃんは先天性の肝性シャント確定です。。」って言われました。(先生も見たことのない数値だったそう。)

そして、「本当は都内の東大病院を紹介したいけど、東大病院は紹介のみでも来週以降しか🆖」とのことで、神奈川にある病院を紹介してくれて、「とにかく急いで神奈川の病院に行ってください!」って言われてソッコーでタクシー呼んで🚕まりんを連れて行きました。

そして、まりんは今日入院することになって(今日明日の仕事を全て調整して)明日また朝一に神奈川の病院に行くことに。

今日は腕の静脈からしっかりした点滴をし、鼻から管を入れて流動食で栄養を入れてもらって、万全な体制で管理してもらいながら検査して下さるそう。

わたしはレントゲンと、今日も血液検査やエコーまでの結果などの説明まで受けてきました。(かかりつけの先生からは「肝性シャント確定です。。」って言われたけど、神奈川の病院では「まだ100%ではない」とのこと。)

とりあえず、しっかり栄養を入れてもらえるし、24時間体制でしっかり診てもらえるし、いま出来る範囲の検査もしっかりしてもらえるから、とりあえずは一安心です。

……

ちなみに「肝性シャント(門脈体循環シャント)」って病気は、門脈って呼ばれる血管と

大静脈血管との間に異常な連絡路(不必要な血管⁈シャント)があって、アンモニアなどの本来なら肝臓で解毒されるはずの毒素が解毒されずに体中を循環し、障害を引き起こす病気みたいですが、しっかり検査していただいて向き合っていこうと思います。

何にせよ、近所のかかりつけの先生も神奈川の先生も凄く真摯に向き合って下さり、丁寧であたたかく(今日のわたしは気づいたら喋りながら涙が出ていて(;  ;)帰りにお会計をしようとしたら、かかりつけの先生も目を赤く潤ませながら「今日のお会計は大丈夫なので、気をつけて早く向かってあげて落ち着いたら連絡ください♡」って言って下さり、神奈川の先生からも「まりんちゃんはしっかりケアしますから、お母さんは安心して今日はゆっくり休んでください♡」って言われました🙏

まりん、頑張ってる〜〜😭💪💗

母ちゃんも一先ず、しっかり休んで明日に備えます❣️

本日の記事は完全に私事の忘備録となりましたが、お読み下さり、ありがとうございました🙏

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)