YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

一流社長に学ぶ、嫌な人への対処法と面白いゲーム

一流社長に学ぶ、嫌な人への対処法と面白いゲーム

京都より~こんばんは(^^)

何だか道が混んでる
と思ったら連休前だからなんですね(^_-)

さっき乗ったタクシーの運転手さんが、
笑っちゃうくらい凄~~く感じ悪い人でした(笑)

乗車した時から機嫌が悪そうに(見えて)
降りる時に電子マネーが使えなくて、
私たち皆、たまたま大きいお金しかなくて、
ごめんなさいって言ったらキレてました(^人^)

同乗してた社長さんの対応が素晴らしくて勉強になった~(・∀・)

近くにコンビニがあったから、
両替してきますね~って言って
運転手さんに飲み物を買ってきて、
笑顔で『おおきに~』って…凄いっ!!

運転手さんは最後まで感じ悪かったけど(笑)

降りて皆で笑っちゃいました(^o^)

いや~私だったら、
思いつかない対応だったけど
運転手さん何か嫌な事があったのかもしれないな~

昨夜は宮川町で会食!

面白いゲームをしました^ ^

その名も『社長大変ですゲーム』

知人が、
心理学の先生から教えて貰ったゲームらしいのですが、
部下役と社長役になって、
アドリブで早く答えるの!

ゲームのルールは簡単で、
(例)
Aさんが部下役、Bさんが社長役になります。

AさんがBさん(社長)に向かって
『社長大変です!』って言って、
Bさんは社長口調で『何?どうしたの?』って聞きます。

するとAさん(部下)がアドリブで大変な出来事を言います。

『会社が火事です』
『社長の車が盗まれました』
『社長の恋人の浮気が発覚しました』等と
色々と考えられる大変な状況を言います。

そこでBさん(社長)が、
『それはちょうどいい』って言って間髪入れずに、思いつく!

ちょうどいい理由を言います。

とにかく早く理由を言うってルールなのですが、
『社長の浮気が発覚しました』
→『それはちょうどいい、そろそろ別れようと思ってたところだった』とか
『車』なら
→『ちょうどいい。先日盗難保険に入ったばかりだった』
とか言って笑い飛ばして、
どんどん役を交代していくのですが、
やってるうちに現実の大変だと思っている出来事が、
たいした事なく思えてくる~(*´艸`)

久々にゲームしたけど皆で笑ったり、
自分にない発想を聞いたり面白かったです(o^o^o)

そういえば、
JCで夏にした研修『貿易ゲーム』も楽しかった!

このゲームは幾つかのチームをつくり→
それぞれを国として、
国ごとに道具(文房具と紙)を使って製品をつくって販売し、
お金を稼ぐ。

一番儲けた国が勝ち!というルール。

擬似体験を通して『貿易』が
人々の暮らしにどのような影響を与えているか、
また経済格差を実感したり、
世界の国家間の諸問題について解決方法を考えていきながら
交渉力が試され面白かったです。

私のチームはビリだったけど(笑)

ゲームからも発見が一杯(^_-)

もっと発想力をつけたいなー

それにしても京都の街並み好きです!

何か落ち着く~(*^^*)

本日もお読みくださり有難うございました!

【Facebook】facebook.com/yuusuke.kida.96

りんりん

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)