YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

人生が好転する3つの法則

人生が好転する3つの法則

こんばんは(*^^*)

“自立したい女性を応援するコーチ”本田裕子です。

今日のお題は【人生が好転する3つの法則】です♪

まずは、

いつもフィードバックを、本当ありがとうございます♪
昨日の記事は思いの外、好評で我ながらビックリしました。
渾身の力を込めて書いた記事より、無性に書きたくなって想いのままに書いた記事の方が好評だったりして。笑
ほんと日々、学びになっています。

(ご自身の体験や本音も読ませていただいて👀勝手に感動してました)

さて、前回の記事で、

「自分の存在」だけはジャッジしない、ということを書きました。

ただ、まだまだ自分を責めている人は、本当に沢山います。
人に迷惑かけまくりな私も、過去によくやりました。

この自己否定って、数限りなく色々なパターンがあったりします。

ですから、今日は前回とは違った角度から書いてみたいと思います。
自己否定とは→自分を攻撃すること、でもありますよね。
このときにね、自分の中には、
①否定される自分(被害者)と、

②攻撃(否定)する自分(加害者)がいます。

例えば、

誰か(Aさん)に嫌なことを言われて、「否定された」って傷ついたとします。

このとき、「Aさんが加害者で私は被害者だわ」って認識するのは「錯覚」なんです。
「Aさんが加害者だ」などと、自分に都合のいい様に解釈してるのは、

「自分が自分を否定してきた加害者」っていう事実から目を背けているからなんです。
自分が加害者であることを認めないで相手のせいにして「傷ついたの」って主張すればするほど、傷は癒えませんし人生は好転しません。

もっと厳しい言い方をすると、悪化するのみです。

逆に、

「あ、これは自分が自分を否定してきたからだ」と、自分の中の加害者を認めて自己否定(①・②)をやめると人生は好転していきます。
この①・②のうち、

①の「被害者」だけを認めてたんじゃ、本来自分の中にある問題解決の鍵を他人に預けてしまうことになります。

②の「加害者」を認めることで初めて、その鍵を自分の手で開くことができるのです。

じゃあ、どのようにして①・②の自己否定をやめるのか?
と、いうと3つあります💡
それは、「自己受容」「自己傾聴」「自己肯定」です。

↑このどれを実践しても、改善していきます。

★「自己受容」

どんな自分も受け入れてあげる。

自分の内側から湧いてくる“欲”に素直になる。

自分の本音で生きる。

すると、更に自分と繋がりますので、自分でいることが好きだと感じたり、感謝の気持ちが溢れでてきます。
★「自己傾聴」

自分の感情に蓋をしたり、ねじ曲げたりせずに、真っ直ぐに観て耳を傾けてあげると自分の欲してることに素直に従えるようになります。
★「自己肯定」

自分にOKをだしていくと、どんどん本当の感情に沿っていきますので、充実感もアップしていきます。

例えば、

本当はやりたくないこと(会いたくない人)だけど、NOと言えなかった人が、NOと言うようになると、「自己受容」が起き「自己肯定」もアップしてるんです。そして「自己傾聴」もできてるんです。

私の尊敬してる美しい女性経営者の方は、ほんと↑上記の事が見事にできています(*^^*)

そういえば、あまりに美しくて先日その方と同世代の初対面に近い変なオバさま(失礼(^^;))に嫌味を言われてましたが、この時もお見事でした✨
それは、

「そのお洋服ってババくさいですね」と言われ、

「あらっそう?でも私は大好きで素晴らしいって思ってるのよ」と自信満々に笑ってました♡
これって実は、相手のオバさまの方が自分のことをババくさいと攻撃して(自己否定)たりするんですよね。

あと、感情って外的要因が大きいですから、環境はかなり大切です。

と、いうことで3つの法則の、どれから入っても効果があります。

まとめますと結局、同じ結論になりますが、
自分の本音を拾ってあげて

自分の本音で生きよう。
私は、自分の本音で生きるようになって、

何があってもいい!って、いい意味で開き直りました。
世間の価値観とか抜きにして、もう本音でしか生きられないもん🐧
どうやっても自分は何者にもなれない訳だし、自分を貫くのだ👍

(私の場合、アホなまま偽らずに貫くのだ。笑)  

本日もお読みくださり、ありがとうございました! 

【Instagram 】

http://Instagram.com/rinrin_yuko

【メルマガ 】

https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=honday&MagazineID=1&MoreItem=1

[cta id="1921" vid="0"]

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)