YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

死は生の対極としてではなく、その一部として存在している。

死は生の対極としてではなく、その一部として存在している。

【死は生の対極としてではなく、その一部として存在している】

今日の題名は、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、村上春樹さんの小説「ノルウェイの森」の中に出てきた言葉を引用。

わたしは、この言葉を目にしたとき、

まるでこの言葉だけがライトアップされているかのように わたしの中に強く深く響きました。

一般的に、“死は生の対極”だと捉える人が多いけれど、死は生の対極ではなく、“生は死の一部を内包している”とするのなら、生きることは死へ向かうこと。

わたしは、以前にも書いたことがあるけれど、幼いころ(物心ついたころ)から「死」について考える(意識する)ことが多かったように思います。

「死」について真剣に(深刻ではなく)考えることは、とても大切だと思う。

昨日、教えていただいたばかりなのですが、

写真家の幡野広志さんのインタビュー記事は、ほんと他人事ではなく、読むべき記事(大事なことが書いてある記事)だなあって個人的に感じましたので、シェア。

https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/hatanohiroshi1?utm_term=.bsDAyrdaD#.qrAaq2BND

★「本当の幸せは、それを誰かと分かち合えたとき」

本当そう思いますし、

余計なアドバイスや正論より、

まず相手に寄り添う気持ちが大切。

他にも考えさせられることがあり、

一見、暗く見えるかもだけど、

とても前向きな記事です。

今日も来てくれて有難う🙏^ ^♡

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)