YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

“◯◯”はものごとをクリアにしてくれる。あなたはどっちの旅をする?

“◯◯”はものごとをクリアにしてくれる。あなたはどっちの旅をする?

【“◯◯”はものごとをクリアにしてくれる。あなたはどっちの旅をする?】

失敗を恐れる人って、結構多くて。

はい、昔のわたしも本当そうだったな🙄

わたしの場合は、失敗や間違いを指摘される=死刑宣告みたいなものだと捉えていたから、何かするとき、何か発表するときなんか、「失敗したらカッコ悪い」とか、「どこか間違いを指摘されるんじゃないか」とかって恐れていた訳でして・・😦

で、時として指摘されたりした時なんかにゃ、まあ防衛(正当化)や反撃(怒り)みたいな気分になったり、言動として強く出たことも(自分の意見や想いを正直に伝えるのではなく、八つ当たり的な感じでw)結構ありますですね🙄

そんなところからそれこそ自分の内側に意識を向け、真摯に向き合い、本当の意味で自分に正直で在ることで自分を直視しながら受容&緩んでいくうちに、だんだん自分の深~い投影から目覚めて正氣に戻り(笑)、呼吸をするようにスムーズに自分の間違いや失敗を認めることができるようになった。

それはもう、

ほんと超~~~楽!!✨

なんで昔、あんなに怖かったのかというと、やっぱ周囲の目だったんだよね👀

ただ、“周囲の目=自分の目”なんだよね。

もし失敗したら(間違えたら)、わたしは人から許してもらえない、「あいつはダメだって思われるだろう」とかって思い込んでいた訳だけど、これってただ単に自分が自分に全く同じことをしていただけ。(だから人が許してくれないように見えていただけ。)

あ、でも現に実際問題、誰かが失敗したり、間違ったりすると、それを怒る人や批判する人っているよね。だから、多くの人は失敗してはいけない(間違っちゃいけない)って思ってしまうんだと思う。

でも、「間違えるのが人間」なんだよね。

もっというと、間違えること、迷惑をかけること、人を傷つけてしまうこと(故意ではなく)etc…これらは何ひとつ悪いことではなく、わたしたちがどうしたって生きていく中でやってしまうこと。もし悪いことがあるとするなら、それらをなかったことにしたり、否定してしまうことや、自分にウソついてそれらと向き合わないこと。

間違えたことをなかったことにした(自分にウソついた)とき、それをベースに生きることになるから、どんどん歪みが膨らむし、不祥事を隠してしまえば、関わった人たちの中にいつまでも傷として残り、それが人生の喜びを覆い隠してしまう。。

そもそもなんで人間は失敗したり、迷惑をかけたり、人を傷つけてしまったりするんだろうか?🤔

はい、答えは超~簡単!

それは、「完ぺきじゃないから」

じゃあ、間違ったり、失敗したりしたとき、

どうすればいいのか?っていうと、

「もう二度と同じ間違いをしない!」って考えることでエネルギーが上がって自分に力をくれるって人は、もちろんそれを採用すればいいし、でも、そう考えることで体が緊張してしまうんだったら自分を許すこと。

そう、

まず、自分がそんな自分を真に許すこと。

周りが許さなくても。

(開き直るのでもなく、アタマで許そうと努力するんじゃなくて。)

真に自分を許す方向に向いたとき、わたしたちは否定したり、なかったフリをすることが出来ないから。

ここからが旅の出発点。

これは、自分を責める旅じゃなくて、自分を許す旅。その旅の途中で、必ずわたしたちは自分の気づかなかった思い込みや無意識のうちに抑圧していた声や感情に出会う。

それらをただ認めて(認知して)あげる=許すこと。だって、それらは誰もが持っている不完全さの証だから。

そうして1つ1つ許していくと、実は最も必要だったのは、「許し」ではなくって、「緩む」こと(=幻想から目覚めること)だったんだって腹落ちする。

そうして愛を知っていく。

(愛は力をくれるし、愛はクリアにする力があるから心から謝ることもできる)

すると、批判している人たちの問題(根本)も見えてくるから自然と境界線が引けるし、どこまでが自分の問題で、どこからが他人の問題かわかるようになる。

ほんと愛はものごとをクリアにしてくれる✨

この世界は、わたしたちが愛(目覚め)を知るための宝で満ちている。

わたしは不完全を完全にするんじゃなく、不完全さを愛する旅をしていきたい☺️♡

あなたは、どっちの旅をしていきたいですか?

今日も来てくれて有難う🙏^ ^♡

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)