YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

今ある不平不満を受け入れて生きていく

今ある不平不満を受け入れて生きていく

こんばんは(*^^*)“自立したい女性”を応援するコーチ”本田裕子です。

雨ものすごいですね。。大丈夫ですか?

私は、少し前に帰宅して、寝落ち・・ぐぅぐぅ

今、目が覚めて目あ~!!いっぱいすることあったのに~( ̄▽ ̄;)汗

って一瞬、思ったけどペンギン気持ち良かったから、よしとします(笑)

今日のお題は【親孝行って何?】です♪

今日、たて続けに親に対する相談etc..いただきました。

子供は親のために生きているのではありません。

育ててくれた見返りのために生きているのでもありません。

子供は子供のために生きている。

「子供は三歳までに親孝行を終えている」と、聞きますが本当そうだと思います。

天使のような子供の笑顔に、どれだけの親が救われたでしょうキラキラ

今回の相談は、わりと私と同世代の方や友人からいただいたので、もう子供ではありませんが、親は幾つになっても子供扱いする事も・・。

私も、たくさん親に迷惑かけてきたので、とにかく心配かけないように…親孝行しなくっちゃ!って思ってた時がありました。

でも、親は幾つになっても心配してきます。【自分が自分の人生を楽しく生きる】これが親孝行だと私は思っています。

また逆に、親にも私の為だから…って何かを我慢したりして欲しくない。

けっこう前ですが、両親に「いつ何があるか分からん世の中やけん、いくら調子が良くても、ある日突然…裕子が、どん底になることもあるかもしれんと思ったら、節約して貯金せんといけんっち常に考えとる」って言われました。

私は、「本当やめて~!貯金とかいらんし、私は、どん底にならんし万が一、なったとしても、絶対に大丈夫やけん!!それよりも、お父さんとお母さんが楽しく人生を過ごしとるのが1番嬉しい。だけん、自分の幸せを優先して。その気持ちだけで十分やけん」って言いました。私の為とか、本当いらん。

そして、私も親の為って、自分に嘘ついたり、自己犠牲はしない。

色々な複雑な事情があるかもしれません。

ですが、自分の人生。私は親の反対を押しきって20歳の時に上京し、こうして好き勝手生きていますペンギン

なかなか会えないし、今でも心配かけてますが、あの時の話し合いがキッカケで、私が楽しく元気に生きてるのが1番嬉しいって言ってくれるようになりました。

もちろん話し合いにならなかったり、理解して貰えないこともあると思います。

それでも、自分の人生。

ただ「自分の人生」を歩くことが、あなたにとって本当に幸せなのかどうかは、私には分かりません。

人によっては、自分が我慢してでも親と仲良くやっていきたい、自分を犠牲にしてでも親孝行したい、という意見も当然あると思います。それも1つの道です。

あなたが、そう望むならそうすればいい。

ただ、もしそう思うなら覚悟を決めることです。

【今ある不平不満を受け入れて生きていく】と。

さて、最後に、、ときどき自分自身に感謝した方がいいかもしれません。

鏡に向かって「ありがとうドキドキ」って。

鏡も、よぉーく磨いてキラキラだってね、普段頑張ってるのは紛れもなく自分ですから。

自分に感謝するって、なかなかしないです。

だからこそ、言霊の力を使ってでも、たまには言ってみましょ~。

「今日も1日、ありがとうドキドキ」「お疲れ自分ドキドキ

本日もお読みくださり、ありがとうございました!

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)