YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

どっちも受け容れる。

どっちも受け容れる。

【どっちも受け容れる】

★何かをうまくいかせたい!
★何かを成功させたい!
★こうなったらいいな!
★これを問題なく進めたい!

こういうとき大切なのは、
「成功」と「失敗」の
どっちも受け容れる気持ちで進むこと。

例えば、
★自分に正直で在ると決めたとき、荒波が立つことや、嫌われることも受け容れる。
★意を決して人に何かを伝えるとき、拒否されることも受け容れる。

それを繰り返していると、
自分の中に、ものすごく
しなやかなで 太い幹が据わる。
(言い換えると、腹の声に従ったら、
「天に委ねる」生き方。)

そもそも、
プラスとマイナスってセットです。
★上手く話そうとするのをやめたら、面白いって言われるようになった。
★別れを受け容れたら、素敵な出会いがあった。
★嫌われることを受け容れたら好かれた。

↑etc…は、よくあること。
わたし自身もPodcast等で、上手く話そうとするのをやめたら、面白いって言われるようになりました。笑

あ、ただ、「天に委ねる」とは、天に依存するのでも、受身になるのでもない。
(依存している心とは、コントロールできない相手や何かを、自分の期待通りに動いてくれなくなったらどうしようとビクビクしている状態だから。)

なので、やはり、
“人事を尽くして天命を待つ”
だとわたしは思っていて、何が起こっても、どんなに動揺しても、自分も人も、天をも信頼していている状態。

……
話は変わって(ちょっと関連はしてます)
一昨日は、わたしにとって、
「どう転んでも受け容れる!」という覚悟を決めて行ったところがあり、、、

結果は、良い方向に😭

あー覚悟して行ったけど、
やはり緊張しました。笑
……
それは、まりんのことです。
実はまりんが最近、ガーガー言って苦しそうに咳をする発作みたいなのが続いてました。
(動画みたいな)

酷いときは1日に10回以上。真夜中に発作が起きることも多く、ほんと苦しそうで。。。

いろいろ調べていたら、「気管虚脱」というものを知り、その症状や前兆が、まりんにも当てはまることがあり、↓それは、
★ガチョウのような鳴き声。
(YouTubeで気管虚脱のワンちゃんを見たら、とても似ていた。ちなみにガチョウの鳴き声もYouTubeで聞いて、まりんの鳴き声と比べても似ていた)
★嘔吐
(一時的毎日吐いてて今は週2くらい)
★水を飲むとむせる
(まりんは100%むせている)
★いびきetc。

で、この気管虚脱の怖いところは、潜行性かつ進行性する特徴があり、知らない間に進行
すると、息が苦しくて睡眠が取れなくなったり、窒息死をすることもあるそうで。

もちろん、この時点で、まりんが気管虚脱だと決めつけてはいませんでしたけど、可能性はあるな、と思いました。
(何にせよ、ほんと苦しそうで苦しそうで…変わってあげたいと思いましたです。涙)

そこでたまたま見つけたのがアトム動物病院の米澤先生の存在。ホームページを読んだとき、直感で「絶対に米澤先生に診ていただきたい!」と思いました。

http://www.atom-ah.com/

そして、米澤先生のインタビュー記事を拝見し、ものすごい慈愛に満ちていて、尚且つ強さと優しさを感じました。

又、虚脱虚脱とはどのような病気なのか?どのような手術をするのか?実際に米澤先生の手術を受けたワンちゃん達のブログも沢山読みました。
(他の病院で見つけられなかったり、治せないと言われた瀕死状態だったワンちゃんが、「米澤先生に出会っていなければ、今の元気なこの子はありません」とか「腕はもちろんのこと何年たっても自分の子供のように気にかけてくれる」等、全国だけではなく、海外からの患者さんも)

すぐにお電話して、米澤先生の診察の予約をし、一昨日まりんを診ていただきました。
(ほんと丁寧な診察に、レントゲン6枚、血液検査など。)

その結果、まりんは気管虚脱ではなく(手術は必要なく)気管支炎でした。

2週間分のお薬💊をいただき、また2週間後に診察という流れになり、昨日今日はかなり治ってきました。

まりんは、まだ7ヶ月ですし、わずかな治療の遅れがその後の一生を大きく左右することになりますし、言葉を喋らないからこそ様々なシグナルやメッセージを感じ取りたいもの。

まりんは娘同然であり、動物は大切な家族。
それは楽しいことばかりじゃない。
お金もかかるし、最期を見送る覚悟も必要。

それらを吹っ飛ばすくらい、彼・彼女たちは、たくさんの幸せを感じさせてくれたり、たくさんのことを教えてくれます。

まりんはまだ若いですが、わたしも実家で飼っていたワンコたちを見送ってきました。
見送る側は辛いですけど、しっかり見送りたいと思うし、ご縁があって共に過ごしたワンコたちや、まりんに出会えたことに毎日「ありがとう♡」の気持ちでいっぱいです。

アトム動物病院は、米澤先生をはじめ、本当に愛に溢れた素晴らしい病院でしたし、その在り方に深く感化されました。

呼吸器疾患等にお悩みのワンちゃんがいらっしゃいましたら、アトム動物病院に行かれてみてください。

今日も来てくれて有難う🙏^ ^♡

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)