YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

わたしが惚れる男の共通点♡

わたしが惚れる男の共通点♡

【わたしが惚れる男の共通点♡】

昨日は、腹の底に響く✨わたしのハートを痺れさせてくれた映画を観てきました♡🎬

その🎬は、「孤狼の血」という映画。

あ~ ほんと痺れた❣️

あ~ほんとカッコいい❣️

(まだ余韻に浸っています♡笑)

ちなみに、この映画は役所広司さん主演(役所さんはガミさんという刑事役)で、警察とヤクザの抗争を描いたR15指定で結構グロいところもありますが、めっちゃ響くし、痺れるし♡で、自然と涙が溢れ出た~😭

そう、

ガミさんは口も悪けりゃ態度も悪い。

見る人によっては 一見 しっちゃかめっちゃな一匹狼の刑事。

でも、それこそ自分の理念(おもい・在り方)を貫く姿は、ほんと痺れるし、ガミさんのようにどれだけ他人から誤解されようとも、己を貫く姿は、ほんと美しい。

人は誤解を恐れがちだけど、

本当に生きる者は、

当然 誤解されるんだよね。

そして、正反対のタイプである

(自分を大事にして

傷つきたくないと思っている)

新米エリート刑事を、

松坂桃李さんが演じていて。

(人の生き様や背中から変わっていく姿も、(うんうん!って心で頷きながら)とても良かった!)

で、その理念のためには、

たとえ自分が敗れると分かっていても、

最期まで己を貫く気高さが、潔さが、

見るものを 深く痺れさせる✨

もうね、「自分らしく」とかって言葉すら、薄っぺらく感じるほど。

どこまでも 人間臭く、泥臭い。

なのだけど、

自分の名誉(面子)とか、お金のためとか、

自己保身や、世間体などが 一切ない

自らの誇り(余計なプライドではなく)と、理念(その“おもい”である信念)が、そうさせている。

だから、凄みってもんがある。

正義をふりかざし、世間的には素晴らしく見せている者が、実は自己保身と汚職まみれ、

口も悪く しっちゃかめっちゃかで、

世間からは汚い者扱いや誤解される者が、本当の優しさを心の深いところに持っていて、そして自身の腹の底に秘めた大義(おもい)のために闇に身を投じ、信念を貫いて運命を生きる。

人は、お金や自分の名誉や面子のために自己保身に走ったり、世間体などを考えて自分を守ろうとすると、縮こまった人間になり、自信とかを欲しがる。

いつも話したり 書いたりしてるけど、

「人は人の何に惚れるか?」というと、

それは、生き様❣️

自己保身に走ったり、群れた羊ちゃん🐏達には、わたしは魅力を感じないし、憧れないなあ。

(ジャッチではなく、単なるわたしの好み)

……

自分はどう在りたいのか?

何を捨て、何を求めるのか?

かっこ悪さもさらけ出しながら、

誤解も恐れない生き方、

自身の理念(おもい)に従った生き方。

それこそが

“骨太な生き方”であり

“骨太な女”なんだろうなあ。

そして、

わたしはやっぱ、そういう骨太な男が好き♡って、改めて強く感じました。

いや、性別関係なく そういう生き様の人ってほんと痺れるし、ステキ!!

(そして、そういう生き様の人って「映画の世界やし~」ってことじゃなくて、ごく僅かだとしてもほんと実際にもいるから、世の中(少なくともわたしの生きてきた世界にはいるから)捨てたもんじゃないと思う)

理屈抜きに魂に響くもの、腹き響くものを大切にしたいし、そこから自分自身の在り方をより明確にしていく作業も好き。

(よし、今夜はまた書き出そう!)

今日も来てくれて有難う🙏^ ^♡

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)