YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

恋しちゃった、、、

恋しちゃった、、、

こんにちは(*^^*)“自立したい女性”を応援するコーチ”本田裕子です。

今日のお題は【恋しちゃった】です♪

はい。題名の通り・・恋しちゃったの(〃▽〃)ドキドキクライアントさんが(*^^*)キラキラ

ご本人は以前から離婚したかったけど、子供もいるから…って周りが離婚に反対してたらしく、ずっとずっと我慢してきてたらしいの耳

でも、やっぱり「嫌なものは嫌!」と、勇気を出して離婚を決められました。(ブログup承諾をいただいて書いています)

そしたら、すんなりと離婚が成立キラキラ

ただ、もう男の人はこりごりだから、二度と誰とも付き合わない!仕事に生きる!って何度も言ってました。その時の表情が私には寂しそうに見えたので、「せっかく自由になった事だし、前から習い事やお洒落もしたいって言ってたから、外に出てみると気持ちも変わるかもだし、決めつけなくてもいいかも~」って言ってたんです♪

するとね、約3ヶ月前から通いはじめた習い事で、実は初対面からピンひらめき電球ってきてた先生と恋に発展したんだって~ドキドキ

今とっても素敵な笑顔を見せてくれていて目凄く輝いてるのキラキラ

その笑顔を見ると私も、ものすごく幸せな気持ちになります(*^o^*)

幸せな人のそばって、本当に気持ちいいキラキラ

ホント我慢なんて必要ないと思います。

我慢するとね、周りはそれでいいって思うから益々…我慢を強いられることになっちゃうんです。

ただ、それも自分で決めたことだから、誰のせいでもなく被害者でもないのです。

自分がどうしたいか・・周りの人じゃなくて、あなた自身がどうしたいかを決めて、勇気を出して一歩踏み出してみると現実は変わってきます。

そしてチャンスをつかむことが出来る。

こうしたい、こうなりたい、って思ってても、我慢してる生活の中にいると、自分で制限をかけちゃうから、変わらない。

だから、やっぱり我慢の環境から出るしかない。

「出るのが怖いから檻の中にいる・・でも外にも出たい・・。」だと何もはじまらないでしょ?

あと、常に我慢をし続けていると、我慢をしていることさえ分からなくなります。

そして、いつしか我慢するのが当たり前になっちゃうんです。

我慢は、本当の自分の気持ちに蓋をしてしまいますから、我慢が当たり前になっちゃうと、自分が何を望んでて、何を欲してるのかも分からなくなってしまうのです。

「自分の楽しみが分からない。楽しいって何ですか?」って首をひねる方も実際におられるくらいです。

自分を大切にし、ときに我慢することをやめてもいいではありませんか。

ただ、蓋をし過ぎて自分を大切にすることに罪悪感を持っていたり、自分を大切にするにはどうしたらいいのか分からない人も、いらっしゃいます。

そこで、自分を見失った時は、幼い子供たちの姿を思い出してください目

やりたいことをやり、やりたくないことはやらない。

遊ぶ、笑う、泣く、寝る、食べる・・素晴らしいお手本が子供たちで、また私たちの誰もが経験したことのある幼少期です。

きっと素直で正直な自分を思い出せるはず・・キラキラ

世間体や「こうあるべき」っていう価値観や常識は、あなたを閉じ込めておく檻なのです。

常識とは、支配者たちが都合のいいようにコントロールするためのもの。

「結婚したら最後まで添い遂げなければいけない」なんていうのも、おかしなこと。

私自身も、「婚約したら、結婚しなくちゃいけない」「こんなに素晴らしい人、そうそういないから結婚しなさい」

↑って周りの声や常識を優先し、自分に蓋をしてたけど、気持ちが冷めてしまった後は、どう頑張っても、やっぱり嫌で結局…時間がかかったけど同じ人と3回も延期して、4回目に白紙に戻しましたから・・w

そして、檻から出てみると、本当に素敵な世界キラキラ

我慢をしてそこにいる必要なんて全くない。

あ、ちなみに私は離婚をすすめている訳ではありません。

我慢は必要ないって言いたいのです。

檻の中にいるか、出るか・・自分で決めるしかない。

もちろんどこにいようが、それはその人の自由だから、誰も何も言えない。

そして、檻の中にいることを決めたとしても、決めたのはあなたであって、誰かのせいでは無いことを、しっかり認識すること。

誰かのせいにしてたら、絶対にそこから出ることが出来なくなるから。。

「自分でそこにいることを選択している」っていう事を、しっかり認識できていたら、出るっていう選択も出来るようになるから・・。

要は選択肢ができるから、認識することは大切です。

恋愛だって、どんどん体験しちゃおドキドキ

益々アップ綺麗になっちゃおキラキラ

母親だから恋愛しちゃいけないなんてないし、年なんて全く関係ないしねチューリップ赤

そうそうひらめき電球最後に、実はね、、安全だと思ってる檻の中の方が、怖いんだってば(笑)

本日もお読みくださり、ありがとうございました!

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)