YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

正負の法則の罠

正負の法則の罠

こんばんは(*^^*)“自立したい女性”を応援するコーチ”本田裕子です。

今日のお題は、【正負の法則の罠】です♪

あなたは「正負の法則」って言葉を聞いたことがありますか?

私は確か、かなり前に読んだ本美輪明宏さんの著書に書かれていて、知ったように思います。

はい。実は私、美輪明宏さんが好きで、前にも書きましたが、生で拝見した事があって目あまりのオーラにキラキラ更に好きになって著書を購入しました(昔、2度飛行機飛行機で隣の席、後ろの席になったのドキドキなぜか2回共、小松便だった飛行機笑)

それはさておき、Wikipediaで調べてみたら、「人は何かを得たとき必ず何かを失うという、人生訓の一種」だそうです。

良いことの次に悪いことが起きて、また反作用で良いこと→悪いこと→良いこと→と、繰り返して人生は、プラスマイナス0になる、とのことですが、、美輪明宏さんが、どういう意図で言われているか分かりませんし、文脈も不明ですが、↑上記の意味で捉えると、私の解釈とは異なります。

この法則があるかないかは別として、「悪いこともあれば良いこともあるよ」って言われると、悪いことが続いてる人には希望がもてますよね☆彡

今は悪いことが起きてるけど、次は、きっと良いことが起こって報われるはずだわ!って思えるかもしれません。

ただ、あまりにこれを信じちゃうと、逆に良いことが起こると、次は悪いことが起こるかも!?目って心配になる人もいるかもしれません。

そして、良いことが不安の種になってしまうかもしれないな~って私は思うのです。

私の勝手な憶測ですが、美輪さんは絶望してる人に、「きっと良いこともありますよ」って勇気づけたのではないかなと思います。

まず、良いことと悪いことの割合が均等になるっていう法則は、成り立ちません。

なぜなら、良いこと、悪いことって、その人の「主観」だからです。

例えば、天候の関係等で、飛行機が遅れたり飛ばなかったとします。

これをどう捉えるかは、その人の「主観」によります。

悪い出来事と捉える人もいれば、ラッキーだと捉える人もいます。

また良い悪いとは、捉えない人もいるかもしれません。

ですから、良いことと悪いことが均等に起こるということは、ありえないのです。

ただ、良いことを増やし、悪いことを減らすことは出来ます。

もちろん起こる出来事を変えることは出来ませんが、起きることの解釈は変えられますもんね(*^^*)

私は、「正負の法則」が均等にあるというより、二極の両方があるという意味で捉えています。

世界は正も負も両方あって成り立っていて、両方あるからこそ、豊かなんじゃないかと思うのです。

例えば、「生と死」「陰と陽」「男と女」「強と弱」「西洋と東洋」

↑それぞれ、片一方だけでは成り立たなくて、片方があるから、もう一方がある。

私たちは、どうしても片方だけを目指そうとしちゃいます。

「健康と病気」「成功と失敗」「快感と痛み」これらが善だけだと、世界は色あせたものになるのだと思います。

人間も同じように、「強さと弱さ」「明るさや暗さ」「温厚と冷酷」人は両方すべてを備えています。

欠けることがない自分であることに気づくと、より生の豊かさを実感できるようになります。

私は、ずっと欠点を克服しようと思っていました。

自分の嫌な部分を全てなくしたかったとです(笑)

光と影でいうと100%光になりたかった(^^;)

でもね、自分の嫌な部分を受け入れるようになり、そして、受け入れれば受け入れるほど、世界が豊かなものに見えてきましたキラキラ

これから、もっともっと受け入れていきたいと思っています。

あ、話が少し脱線しちゃいましたが、「負」は、どうしても嫌な感情や感覚を伴うので、出来るだけ避けたいと思っちゃいますが、「そこにあるもの」として認めてあげれば、うまく付き合っていけるのかもしれませんね。

その上で、良いことの次も良いことが起こるのだ~!ぐらいに捉えていた方が、起こってもいない無駄な心配をしなくて済みますし、どんどん行動しやすくなりますよね(*^^*)

実際、そう思って行動してると、本当に良いことが続いたりしますキラキラ

本日もお読みくださり、ありがとうございました!

りんりんベル

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)