YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

わからないを前提に

わからないを前提に

こんばんは(*^^*)“自立したい女性”を応援するコーチ”本田裕子です。

今日のお題は【わからない】です♪

たとえば一緒に暮らすように、四六時中…顔を合わせていても、その相手が何に興味があり、何について悩んでいて、どんなことで苦しんでいるのか、また、ここの奥底で何を感じているのか、実のところ全く分かっていない、っていうことがあります。

よく事件を起こした犯人の近所に住む人が、インタビューで「そんなことをする人には見えなかった」とか「とても感じの良い人だったのに」とか、答えていたりしますが、あれは何の意味もないと私は思うのです。

私の隣に住んでいる山田さんや、下の階に住んでいる前田さんや、上の階に住んでいる本田さん(笑)がね、「私の心の奥底で感じてるもの」や「私の中の真実」について、分かっている訳がないんです。

「感じが良い・悪い」とか「愛想が・悪い」くらいの情報で…。

しかも見る側の主観的な見方をした(色眼鏡メガネフィルターをかけた)上での情報でしかない。

私は、福岡でも田舎の方で生まれ育ったので、近所づきあいは多かった方だと思います。

それでも、「当時の私の心の悩み」を知ってる近所の人は、いないです。

当たり前ですよね。

そう。当たり前なんだけど、人は、当たり前と捉えずに生きてたりするんです。

どれだけ親しい友人や、どれだけ信頼してる上司や部下でも、又どれだけ愛している旦那さんや、パートナー、子供のことでも、わからないものは、わからない。

昨日、笑っていた友人が、本当は「死にたいくらいの苦しみ」を抱えていたりすることもある。

私の古くからの知人に、いつも元気いっぱいで皆を楽しませている人がいるのですが、彼が「自分の存在価値に虚しさを抱えていたこと」を耳私がコーチングや、日々このような発信をしてることから、ようやく最近になって打ち明けてくれました。

そこで、私は思ったのです。

「いつも元気いっぱいな人」っていうのは、単なるイメージでしかないんだな~って目

だからね、【わからない】を前提にした方がいいと思うのです。

「わからない」って思うからこそ、「わかりたい」っていう気持ちと行動がうまれる。

そして、「あの人はこういう人」っていうイメージも捨てちゃった方がいい。

「いつも元気な人」が、今日も元気な理由なんてないし、「いつも皆を楽しませている人」が、心の奥底では、とてつもない苦しみを感じているかもしれない。

わからない。本当わからない。

だからこそ、できるだけニュートラルな心持ちで、思いやり深くいたい。

「わからない相手」のことを、わかろうとする暖かい視線でみつめていたいから、【わからない】を前提にしよう。

さて、約10年間、共に歩んできて、信頼している社員が、今月いっぱいで新たな挑戦を…☆彡

知らなかった想いに感動キラキラ

あたたかいなドキドキ

本日もお読みくださり、ありがとうございました!

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)