YUKO HONDA OFFICIAL WEBSITE

本田裕子 公式ウェブサイト

言葉にその人の真実はなく、すべての真実は行動にあらわれる。

言葉にその人の真実はなく、すべての真実は行動にあらわれる。

【言葉にその人の真実はなく、すべての真実は行動にあらわれる】

「言葉にその人の真実はなく、すべての真実は行動にあらわれる」と、以前に誰かが言っていたけど👂人の本性って、ほんと言葉じゃなくって行動や態度にあらわれるんだよね。

口では大きなことを言いながら、そこに行動が伴ってなかったり、逆の行動をしていると、「あーなんか この人薄ぺらいなー」って思うw

と同時に、「そうやって自己不信に繋がることを自らしていると辛いだろうなあ」とも思う。

なぜなら、過去のPodcastを含め、よく話したり書いたりしてるのだけど、「想い」と「言葉」と「行動」を一致させることが自己信頼に繋がるから♡

例えば、
嫌なら嫌ってハッキリと言うことも大切。
(いちいち言う必要さえない相手なら、言わずにサラッと離れたらいい)

「嫌ですって言ったら嫌われるかもしれない」っていう怖れから、本当は嫌だと思ってることを、なんでもかんでも「いいですよ」って言ってると、その思いと言葉が一致してないから、あなたの心の中では大きな葛藤が生まれ、それを繰り返していると辛くなる訳です。

だって、自分に嘘をついているからね。
(こんな状態だと自分も目の前の相手も大切にできるはずはなく、自らの心を虚しくさせ不満を溜めるばかり)

……
わたしは思うのだけど、
正直で在ることでしか、世界に喜びの循環は回らないんじゃないかしら。

勇気を持って、自分に正直で在り続けることは、この上ない誠実さを伴った愛だと思うのです♡

……
そもそも想像のプロセスって、
心とカラダと霊魂が(思想と行動と言葉の中で統一されて)初めて想像のプロセスが始まるのが自然の法則。

つまり、
自分の心は誤魔化せないということ。

言い換えると、
よく巷で言われている⁈ 道徳的なことで、
『ポジティブな言葉(や思考)が
ポジティブな現実を引き寄せるから
ポジティブな言葉を話しましょう!』
って、
いくらポジティブな言葉を使っても、
いくらポジティブな思考をしても、
心がポジティブじゃなかったら逆効果なんです。
 (だって自分の本心を隠してるだけだから)

あと、よくあるのが、
ネガティブな感情はよくないからって抑えてアタマで、上辺だけで「ありがとう」って感謝しても、心から感謝だったり(感謝の気持ちが湧き上がってないのなら、心と言葉が一致していないのだから、歪みが生じるのは当然なのかもしれないね。

だから、
悲しいのに笑ったり
苦しいのに なんでもないフリしたり
心と言葉や行動が真逆だと
どんどん自己不信に繋がります。

逆に自分に正直な人って、
「想い」と「言葉」と「行動」を一致してることで自己信頼を育んでるから、世界からも信頼されます♡

というか、
この3つが ひとつになっているのが
わたしたち本来の自然の姿♡
(矛盾なく、のびのび生きる姿)

あ、これは一致していない人がダメって言いたい訳じゃなくて、(わたしだって一致しなかったことあるし(笑)なので、そこに気づいたら自分の本心と、どう在りたいかを明確にして、それに従うだけ♡)

気づいたからって、自分を咎めたり、責めたり、批判したり、善悪つけなくていい。

あと、「アタマでは分かってるんだけど、なかなかやるのは難しいです」ってのは、「やりたくない」ということ♡笑

それを認めた方が早い☺️👏

今日も来てくれて有難う🙏^ ^♡

公式メールマガジン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)